新着記事

出会いが欲しい

コロナ禍での出会いはある?出会い方は変わった?

2020年、世界中を騒がせている新型コロナウイルス。経済面に大きな影響を及ぼし続けているのは周知ですが、実はコロナ禍によって、恋愛市場にも今までにない変化が訪れています。今回は「コロナ禍での出会い」に注目し、コロナウイルスの流行によって起きていることや、Withコロナ時代の新しい出会い方についてご紹介します。

コロナ禍によって「出会い方」が受けた影響

コロナウイルスが猛威を振るい始めた頃から、もうすぐ1年が経とうとしています。コロナ禍になる前と今では生活様式が激変した人も多いはず。そんな生活様式の変化に伴い、「出会い方」にはどんな影響が生じているのでしょうか?

「直接会うこと」に抵抗を感じる人が多数

外出自粛が要請されたり、「3密」「ソーシャルディスタンス」が流行語大賞にノミネートされたり、今年はとにかく「人との接触」に話題が集中。コミュニケーションの仕方に距離が生まれたことから、出会いにおいても「直接会うこと」に抵抗を覚える人が増えています。

元々の知り合いで信頼できる人であれば、お互いが感染対策を万全にすることで直接会うハードルは下がりますが、価値観がわからない初対面の相手ではそうはいかないもの。感染リスクを考えると、初対面の人とすぐに会うのは避けたいという意見が多いようです。

「対面するまでの時間」を重視する傾向に

少しずつ街に活気が戻りつつあるとはいえ、気軽に人と会うのは心理的にためらってしまうことも。そうした心の変化から、何度もデートを繰り返すよりも、オンライン上でやりとりを重ね、対面までに時間をかける人が増加中です。

感染リスクをきちんと考えられる人なのかどうか、感染対策への意識においては「価値観」の違いが浮き彫りになるもの。対面する前に相手の価値観を探るのは、会ってもいい相手かを見極める「審査期間」として必要な時間といえます。

今後も徐々に規制が緩和されていくと考えられますが、まだまだ感染対策は必要なため、対面よりもオンラインを重視する流れは続いていくでしょう。

リモートワーク推進による出会いの減少

仕事終わりの飲み会や合コンは、社会人にとって有力な出会いの場ですよね。コロナウイルスはそんな代表的な出会い方にも影響を与えています。

というのも、最近は感染対策の一環としてリモートワークを導入する企業が増加傾向に。リモートワークの推進によって家から出ず、人に会わない日が増えたため、必然的に仕事後の飲み会が減っているようです。

グラフィコが行った「在宅ワーク女子の実態調査」によると、リモートワークをする女性のうち、半数近くが「出会いの場がない」と感じていることがわかりました。そもそもリモートワークは人との接触を少なくすることが目的のため、リモートワーク中に新たな出会いの場を見つけるのが難しいのは当然かもしれません。

コロナ禍による恋愛観の変化

コロナウイルスによって出会いの形に変化が訪れていますが、実は恋愛観自体が変わったという人も多くいる様子。コロナ禍ならではの恋愛観について探ってみましょう。

コロナ禍の恋愛では「おうち時間」がキーワード

何かとステイホームが推奨される世の中になったことから、恋愛においても「おうち時間」が新たなチェック項目に。家でずっと一緒にいてもイライラしないか、出かけなくてもおうちで楽しく過ごせるかといった、家での過ごし方の相性を重視する人が増えています。

また、一人きりの「おうち時間」を過ごすにつれて、寂しさから結婚したい気持ちが高まったという声も。コロナ禍のように経験したことがない状況が訪れても、「支え合えるパートナーがいれば乗り越えられそう」という思いを感じたことが背景にあると考えられます。

Withコロナ時代の出会いの形

出会い方や恋愛観の変化など、コロナ禍によって恋愛の仕方は大きく変わりました。Withコロナ時代でも恋愛のチャンスを逃さないように、今後の出会いの形をチェックしておきましょう。

マッチングアプリが出会いの主流に

恋愛婚活ラボが行った「withコロナ時代の婚活実態調査」から、コロナ禍での出会いの内訳を表にまとめました。

マッチングアプリ 婚活パーティー 合コン・街コン 結婚相談所 友達からの紹介 その他
男性 94.1% 16.7% 7.8% 2.0% 0.0% 0.0%
女性 92.6% 17.6% 17.6% 16.2% 2.9% 4.4%

参考:恋愛婚活ラボ「withコロナ時代の婚活実態調査(現在、利用している婚活手段)」

調査によると、コロナ禍においてマッチングアプリを利用している人の割合は、驚きの9割超え。マッチングアプリは元々知られているサービスでしたが、対面を避けたい人が増えたことが、さらなる利用者増加の要因と考えられます。

また、多くのマッチングアプリは女性会員の利用料が無料となっています。金銭的なデメリットがないことも、マッチングアプリの需要の高まりにつながっているのでしょう。

多様化するマッチングアプリ

先に述べた通り、コロナ禍においては、出会いがオンラインで完結するマッチングアプリに注目が集まっています。これまでもマッチングアプリにはさまざまなサービスがありましたが、Withコロナ時代の到来によって、さらにシステムが多様化する傾向に。今までマッチングアプリを利用したことがない人でも始めやすいものが多く登場しています。

安心して出会える「HOP(ホップ)」

「HOP(ホップ)」は、メッセージアプリのLINEがリリースしたマッチングアプリ。LINE上で共通の友だちがいる異性が優先的に表示されるという、LINEならではのシステムが特徴です。友だちの友だちと出会えるため、オンラインでも安心感を持って恋を始められるでしょう。

マッチングアプリ疲れを解消した「いきなりデート」・「Dine(ダイン)」

マッチングアプリを利用していると、やりとりのラリーが面倒になることも。返事をするのが億劫になり、マッチングアプリを離れてしまう人も多いでしょう。

「いきなりデート」「Dine(ダイン)」は、そんなマッチングアプリ疲れを解消できるようなサービスです。これら2つはデートに特化しているマッチングアプリで、メッセージなどのやりとりが大幅にカットされているのが特徴。徐々に外出が増えてきたこともあり、面倒なやりとりを省いて会いたい人・対面での出会いに積極的な人からの支持が集まっています。

婚活パーティーは少人数へと変化

先ほどの恋愛婚活ラボの調査を参考にすると、マッチングアプリには及ばないものの、婚活パーティーを出会いの場として利用している人は男女ともに一定数いました。緊急事態宣言が発令された4月ごろに比べ、規制緩和に伴い利用者は徐々に復活してきている様子。

運営側も感染対策に万全を期し、近ごろは少人数の婚活パーティーが多い傾向にあります。少人数の婚活パーティーには、一人ひとりとじっくり話せる、大人数よりも緊張しにくいといったメリットもあるため、今後も需要がなくなることはないでしょう。

コロナ禍での恋愛をうまく進めるコツ

Withコロナ時代を共に過ごすパートナーを見つけるためには、コロナ禍ならではの恋愛に対応できるテクニックが必須。ここでは、コロナ禍での恋愛が成功するコツをご紹介します。

マッチングアプリを効率よく使うためのポイント

コロナ禍での出会いを探すなら、まずはマッチングアプリを使ってみるのが一番の近道です。マッチングアプリを効率よく利用するためのポイントを見ていきましょう。

  1. プロフィールをしっかり埋める
  2. プロフィール写真にこだわる
  3. 相手が返信しやすいメッセージを送る
  4. 相性が合うかをしっかり見極める

1.プロフィールをしっかり埋める

情報が限られるマッチングアプリの出会いでは、しっかりとしたプロフィールで自己アピールをすることが大切です。プロフィールをしっかりと埋めて、注目を持ってもらうきっかけを作りましょう。「何を書いたらいいかわからない……」という人は、ぜひこちらのテンプレートを元に、内容を変えたり付け加えたりして、オリジナルのプロフィールを作ってみてくださいね。

はじめまして!プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。都内で事務の仕事をしています。

職場で出会いがなく、素敵な人と知り合えればいいなと思い始めてみました。

趣味は映画鑑賞で、休みの日は映画館に行ったり、おうちで映画を観たりすることが多いです。

友人からはよく穏やかな性格と言われます。

まずは色々なお話ができるとうれしいです!よろしくお願いします。

マナーとして、プロフィールの始まりには挨拶文を入れましょう。そこから仕事や趣味、性格など、自身を表す情報を続けて書きます。文章のボリュームを1スクロール以内に収めるとスマートフォンの小さい画面でも読みやすく、最後まで目を通してもらいやすくなりますよ。

2.プロフィール写真にこだわる

お店の看板のように、マッチングアプリにおけるプロフィール写真はあなたの「顔」となるもの。「自然体であるか、加工しすぎていないか」を意識し、好印象を与える写真を選びましょう。

友だちに撮ってもらうのはもちろんOKですが、複数人で写っている写真は避けるのが無難。プロフィールを見た相手には誰があなたかわかりませんし、自分以外の人の顔を不特定多数に公開しているとして、配慮のなさを感じさせてしまう可能性があります。

3.相手が返信しやすいメッセージを送る

せっかくマッチングが成立しても、なかなかメッセージが続かないとお悩みの人は多いはず。やりとりをうまく進めるためには、以下のようなポイントがあります。

  • 相手と同じペースを心がける
  • 共通の話題を振る
  • 長文になりすぎないように注意する
相手と同じペースを心がける

前提として、人は「自分と同じようなペース・行動をする人」に好感を持ちやすい傾向があります。そのため、メッセージを送る際には相手と同じペースであるかを意識してみるのが効果的です。

ここでいう「同じペース」とは、返信する頻度や間隔、メッセージの長さ、絵文字・顔文字の使い方、敬語かタメ口かなど。不自然にならない程度に相手とペースを合わせて、「気が合う人だな」と思わせましょう。

共通の話題を振る

メッセージを長く続けるコツは、何より相手に「返信しやすい」と思ってもらうこと。共通点のある話題であれば相手も興味を持ちやすく、自然とラリーが続くでしょう。プロフィールから同じ趣味を探してみたり、会話の中から共通点を見つけたり、相手が話しやすい話題をいくつかストックしておくのがおすすめです。

長文になりすぎないように注意する

自分の思いを文章にするのは難しく、どうしてもメッセージが長くなってしまいがち。しかし、長文のメッセージは受け取った相手にとって負担になりやすく、返信が面倒になってフェードアウトされる可能性が高いです。メッセージを作るときは、一度相手の視点に立って受け取ったときのことをイメージし、返しやすい内容かどうかを確認しましょう。

4.相性が合うかをしっかり見極める

メッセージのやりとりを重ねたら、次のステップは実際に会ってデートすることです。直接会ったときにがっかりしないように、相性が合うか見極める術は身につけておきたいところ。

たとえば、絵文字や顔文字の使い方、メッセージの言い回しに違和感を覚えたら要注意です。たかが文章ですが、何かしらの引っかかりを感じた相手とは、実際に会ってもどこか噛み合わないもの。文章は良くても、返信の時間が深夜だったり、一方的に連絡をしてきたりする人は、生活リズムやペースが合わない可能性が高いでしょう。

また、まだ会ってもいない段階から自宅に誘ったり、下ネタを振ってきたりする人は避けるのが無難。実際に会うことはできたとしても、真剣な交際ではなく単なる身体目的の人かもしれません。

マッチングアプリから得られる情報は多くはありませんが、相性のいい人と効率よく出会うために、プロフィールやメッセージをよく吟味するのがおすすめです。

積極的にオンラインデートをしてみる

コロナ禍での新しいデートの形として、「オンラインデート」の注目度が急上昇中。オンラインデートとは、zoomやLINEのビデオ通話機能を活用するもので、おうちにいながらデートをすることができます。

直接ではなく画面越しに対面するからこそ、オンラインデートをスムーズに進めるためにはテクニックが必要です。オンラインデートのコツを掴み、コロナ禍でも積極的にデートを楽しみましょう。

  1. 話題を事前に準備しておく
  2. 画面に映るものすべてに気を配る

1.話題を事前に準備しておく

通常のデートであれば、景色など目に映るものから会話の糸口を探れますが、オンラインデートではお互いの目にお互いの姿しか映りません。話題がなくなって気まずい沈黙にならないよう、共通点や盛り上がりそうな話題を事前に準備しておくのがおすすめ。会話が止まってしまったとき用の話題をストックしておくと、初めてのオンラインデートもスムーズに進められますよ。

2.画面に映るものすべてに気を配る

自宅で行うオンラインデートは、いきなりプライベートな空間を見せることになります。好印象な服装を心がけるのはもちろんですが、お部屋がきちんと片付いているかなど、画面に映る背景にも気を配るのマスト。第一印象から好感度を与えられるように、清潔感のある空間づくりを意識しましょう。

コロナ禍でも出会いはある!まずはオンラインで恋を見つけよう

今回はコロナ禍での出会いの変化や、Withコロナ時代の恋愛を成功させるためのテクニックをご紹介しました。人とのつながりを作るのが難しいコロナ禍でも、マッチングアプリのように感染リスクを抑えて出会う方法はあります。

コロナ禍の影響に合わせてさまざまなサービスが展開されているので、自分にとって使いやすいアプリを選び、まずはオンラインで出会いを探してみましょう。

-出会いが欲しい

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.