新着記事

結婚したい

婚活をはじめる年齢は?いつからスタートすべき?

「ゆくゆくは結婚したいけれど、婚活を始めるべきタイミングっていつなんだろう?」「婚活が上手くいきやすい年齢は?」と、婚活のスタート時期に関して悩みを抱えている人は多いはず。婚活は自身のライフプランに大きく影響を及ぼすため、婚活を始める時期について慎重になるのは当然のことです。

せっかく婚活を始めるなら、ベストなタイミングでスムーズに結婚へと辿り着きたいところ。今回はデータなどをもとに、婚活のスタートに適した年齢やタイミングを分析していきます!

みんなは何歳くらいで結婚してるの?

婚活を始める年齢について考える前に、まずは日本人が何歳くらいで結婚しているのかをご紹介します。平均的な初婚年齢から逆算して、婚活をスタートさせる時期を検討するのもいいでしょう。

【男性・女性別】平均的な初婚年齢

厚生労働省が発表している「平成28年度 人口動態統計特殊報告 婚姻に関する統計」によると、男性・女性別の平均的な初婚年齢は以下の通りです。

男性の平均的な初婚年齢

統計によると、男性の平均的な初婚年齢は30.7歳となっています。また、再婚などを含めた場合は33.3歳という結果です。

女性の平均的な初婚年齢

一方、女性の平均的な初婚年齢は男性よりも早く、29.0歳となっています。再婚などを含めると、平均的な年齢は31.3歳。初婚・再婚ともに男性より早い年齢であることがわかります。

一般的な婚活を始める年齢とは?

平均的な初婚年齢は、男女どちらも30歳前後となっていました。「思ったより平均の年齢が若い」「まだ平均までは時間がある」と、さまざまな感じ方があるでしょう。それでは、この平均的な初婚年齢に対し、世の中の人は何歳くらいのときに婚活を始めているのでしょうか?

婚活を始める一般的な年齢

一般的に、女性が婚活を始めるのは20代後半・30代前半〜後半・40代前半と言われています。一方、男性の場合は30代前半から40代に婚活を始める人が多いと考えられます。

年代ごとの婚活を始める理由は後述しますが、これらの年齢を自身が婚活をスタートさせる時期の目安として考えるのもいいでしょう。

結婚相談所・マッチングアプリの登録者の割合

婚活を始める年齢を考えるときは、婚活の手段の一つである結婚相談所の登録者のデータを参考にするのもおすすめ。「平成29年度 結婚情報サービス業調査に関する報告書」では、結婚相談所やマッチングアプリを利用している人の割合が明らかにされています。

調査によると、このような婚活に関するサービスを利用している人の中で、男性は30代後半〜40代、女性は30代の割合がもっとも高いという結果に。また、男女ともに24歳以下の利用者の割合はおよそ1%です。結婚相談所の登録者の割合を男女別にまとめてみました。

〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳 45〜49歳 50歳〜
男性 0.7% 6.0% 14.8% 21.6% 23.1% 18.2% 15.7%
女性 1.1% 12.0% 24.7% 26.7% 18.0% 9.0% 8.5%

参考:平成29年度 結婚情報サービス業調査に関する報告書

具体的な数字を見ても、やはり男性よりも女性の方が早い年齢から婚活を始めているようですね。あくまで目安ですが、自身の年齢と照らし合わせてみると、婚活を始める時期についてもっとリアルにイメージできるのではないでしょうか。

【年代別】婚活を始める理由

婚活を始めるということは、何か「結婚したいと思う動機」を持ち始めたからだとも言えます。20代、30代、40代は歳を重ねるごとにライフスタイルが大きく変わるため、結婚を意識する動機もさまざま。ここでは、婚活を始める理由を年代ごとにご紹介します。

20代

男女ともに、20代前半は他の年代よりも出会いのチャンスが多く、結婚を意識した「婚活」を始める人は少ないと言えます。一方、20代の後半になってくると、周りの友達が立て続けに結婚する「結婚ラッシュ」状態に。

結婚式に参加したり、夫婦となった友達を目の当たりにしたりすることで、それまでよりも「結婚」を強く意識するのは不思議ではありません。どんどんと結婚していく友達に対する羨ましさや焦りから、「婚活を始めよう!」という人が多くなるのです。

30代

30代になると仕事関係が落ち着き始め、プライベートにかけられる時間が増えていきます。それまでは忙しさから結婚への意識が薄かったものの、時間に余裕ができることで独身生活に寂しさを感じるケースもあるでしょう。「こんなときにパートナーがいたらいいのに」という思いから婚活を始める人は少なくありません。

また、30代は昇進などによって年収が上がったり、ある程度の貯金が貯まってきたりする年代です。年収は婚活における「武器」になりますし、結婚してもお金に困らないと思えることも、婚活を前向きに考えるきっかけとなるでしょう。

さらに30代は、20代で結婚した友達に子供が生まれる時期でもあります。近しい人の子供の存在によって、急に自分も子供が欲しくなり、婚活をスタートさせるケースもあるでしょう。特に女性の場合は出産のタイムリミットを意識することから、「30代のうちに結婚しておきたい」と決心する人が多いと言えます。

40代

40代で婚活を始める人の傾向としては、「老後の不安を感じるパターン」「人生の再出発を目指すパターン」があります。前者は文字通り、独り身で老後を迎えることに不安を感じ、生涯を共に過ごすパートナーを探し始めるケースです。あなたの周りにも、「絶対に結婚しない」と宣言していたのに、急に婚活を始めて結婚した40代の方はいませんか?

後者は40代ならではのライフステージの変化によるもの。40代というと、出会いと別れも含めてさまざまな経験を積んでいます。これまでの歴史の中で、結婚と離婚の両方を経験している人もいるでしょう。40代は子育てが落ち着き始める年代ということもあり、離婚後の人生の再出発のために婚活を始めるケースも少なくありません。

婚活したいと思ったら、何から始めるべき?

さて、ここまで婚活を始める年齢や理由について詳しく見てきました。それでは、実際に「婚活したい」と思ったときは、何から始めるのが賢い選択なのでしょうか?婚活の手段をいくつかご紹介するので、始めやすそうなものがないか探してみましょう。

1.婚活サイトに登録する

自分のペースで婚活したい人におすすめ

婚活サイトはマッチングアプリとは異なり、「より結婚を意識している人」に出会えるのが特徴。スマートフォンやパソコンがあればすぐに利用できるため、手軽に婚活を始められます。結婚相談所のように店舗へ行ったり、スタッフとやりとりをする必要がないので、自分のペースで婚活を進めたい人にもぴったりです。

特別なサービスがないのはデメリットですが、その分費用がかからないため、婚活にあまりお金をかけたくない人にとってはメリットと言えるでしょう。

2.婚活パーティーに参加する

効率よく婚活したい人におすすめ

婚活パーティーは、結婚を視野に入れた人が出会いを求めて集まる場所。一般的な街コンと違う点は、1対1でじっくりと話す時間が設けられているなど、運営側がカップル成立に特化したサービスを提供していることです。

一度にたくさんの人に出会えるため、効率を重視して婚活したい人にもってこい。婚活パーティーによっては、年齢や職業などスペックによって参加資格が制限されていることもあるので、「結婚相手には絶対に譲れない条件がある」という人にもおすすめです。

3.結婚相談所に登録する

サポートを受けながら確実に結婚したい人におすすめ

結婚相談所のメリットは、なんと言っても「成約率の高さ」。専属のコンサルタントが結婚に至るまでの道のりをサポートしてくれて、二人三脚で結婚というゴールを目指せます。プランによりますが、自身に合う人を毎月一定数紹介してもらえるため、出会いの幅がグッと広がるでしょう。

一点注意しておきたいのは、サポートを受けられる分、婚活サイトに比べて費用が高額になること。自分だけで婚活を進めていくことに不安を感じ、お金をかけてでも確実に結婚したいと思えるかどうかを考えてから利用を検討するのがおすすめです。

4.マッチングアプリを利用する

婚活サイトよりも気軽に婚活したい人におすすめ

マッチングアプリというと怪しいイメージがあるかもしれませんが、最近では登録に本人確認書類の提出が必須だったり、悪質なユーザーがいないか運営側が管理していたり、以前に比べてクリーンなサービスへと変化しています。「婚活」というよりは、より気軽な「恋活」がメインになるので、「婚活サイトほどがっつりではなく、まずは出会いの一歩を踏み出したい」という人におすすめです。

男性の場合は月額課金やメッセージを送るごとに利用料がかかるケースが多いのに対し、女性は無料で利用できるのが一般的。お相手の検索からメッセージのやりとりまでアプリで完結するので、忙しくて時間が取れない人にもぴったりですね。

真面目な出会いを探している人が大多数ですが、中には冷やかしや体目的の人、悪徳業者やサクラが混ざっている可能性もあるので、その点には注意しながら利用しましょう。

スムーズな結婚を目指して。婚活が成功するコツ

いざ婚活を始めても、なかなか成果が伴わなければ体力が尽きてしまうかもしれません。あらかじめ「婚活が成功するコツ」を予習しておき、なるべくスムーズに結婚というゴールへ辿り着きましょう。

結婚相手の条件を明確にしておく

婚活を始めた当初は「こんな人と結婚したい!」とイメージできていても、婚活中にさまざまな人と会うことで理想の相手像がブレてしまうかもしれません。生涯を共に過ごすパートナーをしっかりと見極められるように、結婚相手の条件を明確しておくことが大切です。どんな人と結婚したいかが自分の中ではっきりしていれば、条件に合う人と出会ったときにもピンときやすく、婚活をスムーズに進められるでしょう。

また、あまりにも結婚相手への条件が多すぎると、いわゆる「高望み状態」になってしまうことも…。理想を高く設定した結果、なかなか当てはまる人が現れず、婚活が長引いてしまうかもしれません。そうならないためには、条件を絶対に譲れないもの・少しは妥協できるものに分類し、優先順位をつけておくのがおすすめです。可能な限り条件を緩めて、出会う相手の幅を広げましょう。

自分を客観的に見つめ直す

ハードルが高すぎる条件の設定にも共通しますが、自身のスペックに対して相手に求める条件が高望みになってしまっていませんか?婚活中に出会う人は、自分と同じくある程度の理想を持っているものです。譲れない条件に対してあまりにも釣り合いが取れていないと、求める層から見向きされないかもしれません。

そのため、婚活を始める際には、まず自分自身を客観視して分析してみることが大切。その上で求める条件が高すぎていないか、条件に釣り合うためにはどうすればいいかを考えましょう。条件のハードルを低くしたり、理想の相手に釣り合うよう自分磨きをしたりすれば、結婚への道が一気に開けます。

「結婚したい」と思うタイミングで婚活を始めよう!

今回は婚活を始める一般的な年齢や、婚活のきっかけとなる理由などを見てきました。婚活を始める動機は年代ごとでさまざまであり、人それぞれライフスタイルは異なりますから、「○歳になったら婚活を始めるべき」といった決まりはありません。

よって、「いつからスタートすべき?」の答えは、ズバリ「自分が結婚を意識し始めたら」。周囲に流されて婚活を始め、焦って結婚した結果、後々後悔する可能性も十分にあります。今回ご紹介した初婚年齢などのデータは参考程度に留め、自分が心から結婚したいと思ったときに婚活を始めるのがおすすめです。

-結婚したい

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.