新着記事

マッチングアプリ

結婚への近道?!マッチングアプリと結婚相談所を併用してみると効果的?

「マッチングアプリと結婚相談所を併用すれば早く結婚できるかも?」そんなふうに考える婚活中の男女も多いですよね。最近では婚活のみならず、合理的に物事を進めたいと考える人が増えてきました。

でも、それって実際のところはどうなんでしょう?複数入会しての掛け持ちは結婚への近道になるのでしょうか?マッチングアプリと結婚相談所を併用したくなる理由や、併用した場合のメリット・デメリットをご紹介するので、どうしようか迷っている人はご参考ください。

マッチングアプリと結婚相談所を併用したくなるのはなぜ?

一見すると、結婚の最短ルートに思えるマッチングアプリと結婚相談所の併用。しかし、このふたつを掛け持ちして婚活すると忙しくなってしまうことは想像に難くないです。

それなのに、マッチングアプリと結婚相談所の併用を考える人とは、どんなきっかけがそうさせるのでしょう?

結婚相談所で婚活している人の場合

まずは、結婚相談所で婚活している人がマッチングアプリとの併用を考える理由をご紹介します。

①結果が出ない

結婚相談所で婚活している人がマッチングアプリとの併用を考えるのは、思ったような結果が出ないときです。結婚相談所は、結婚の本気度が高い男女がいっぱい!

その反面、お互いに条件面での理想が高すぎたり、恋愛経験が少なかったりする男女が多いので、成婚率はそれほど高くないのです。お見合いですら、10人に申し込んで1人から2人にOKをもらえればよいほうだとされています。

また、仮交際に進んでも真剣交際へ発展する確率もそれなりです。そこで、結婚相談所で婚活している人は出会いを増やすために、「マッチングアプリも併用してみようかな」と考えてしまうのです。

②外見にときめかない

結婚相談所のプロフィールには、学歴、職業、年収などの条件とともに顔写真も公開されています。そうすると、容姿にときめかない場合、いくらハイスペックでも条件面に目が行かなくなってしまうのです。

ハートが大事といっても、結局は自分の好みの外見をしているかどうかは重要なのです。結婚相談所は登録している男女の年齢層が決して若いわけではありません。そのため、イケメンや美人と感じる人がいる確率はごくわずか。

とくに容姿が結婚の決定打になりやすい男性からすると、好みの容姿の女性がいなかった場合、若い女性も多いマッチングアプリとの併用を検討する確率が高くなります。

③担当者とのやりとりが面倒くさい

結婚相談所での婚活はマナーやルールを重視しているので安全である反面、担当者との二人三脚で活動するのが大変です。そのため、担当者とのやりとりが密になるので面倒くさいと感じる人もいます。

担当者との相性が悪くて、結婚相談所に不信感を持ってしまう場合もあるのです。そうなってくると、担当者とのやりとりがほとんどないマッチングアプリに心が揺れてしまいます。

結婚相談所を変えたいと思っても、入会金や登録費を支払い済の結婚相談所を退会するのはもったいないです。そこで、手軽なマッチングアプリとの併用を検討するようになるのです。

マッチングアプリで婚活している人の場合

次は、マッチングアプリで婚活している人が結婚相談所を併用しようと思う理由をご紹介します。安さが魅力のマッチングアプリから、高額な結婚相談所を併用したいと思う原因は何なのでしょうか。

①相談できる人がいない

マッチングアプリで婚活している人が結婚相談所の併用を考えるのは、相談できる人がいないからです。マッチングアプリには、結婚相談所のように専任の担当者(カウンセラーや仲人)がついているわけではありません。

誰かが背中を押してくれるわけでも、制止してくれるわけでもないのです。恋愛に慣れている人なら、身の処し方もある程度わかっています。

しかし、異性と付き合ったことのほとんどない方であれば、わからないことだらけになってしまうでしょう。そんなときに、「サポートしてくれる人がいる結婚相談所も併用してみようかな」「マッチングアプリだけでは心細い」と考えるのです。

②いい加減な人もいる

結婚相談所に比べて、マナー意識に欠けている人が多いのもマッチングアプリの特徴です。お見合いの約束をしているのに、ドタキャンする人がいます。メール交換をしていても、何も言わずに音信不通になってしまう人もいるのです。

最悪な場合、紛れ込んでいる既婚者や業者、ヤリモクの被害に遭ってしまうことも。本人確認しているといっても、マッチングアプリでは防ぎきれない面も多いです。結婚相談所なら、これらに厳しいペナルティが課されています。

お見合いキャンセルは1万円~2万円の罰金支払いです。既婚者や業者、ヤリモクは登録自体ができません。安全面やボロボロになったプライド回復のために、「しっかりとした結婚相談所を併用してみたい」と思い立つ人は多いのです。

③出会えない

男性も女性もマッチングアプリで婚活する魅力は、結婚相談所より費用が安く済むことです。しかし、活動してみるとわかるのですが、登録していても出会いを掴めない人も一定数出てきます。

実際にマッチングアプリに登録したものの、「ひとりも出会えなかった」という人もいるのです。データマッチングでの紹介や自分で好みの異性に申し込む以外にも、やはり第三者の手での紹介が必要な人もいます。

そこで、「料金が安くても出会いにくいなら意味なし。専任の担当者がつく結婚相談所も併用してみよう」と考えるのです。

マッチングアプリも結婚相談所も一長一短!

そんなわけで、正直なところマッチングアプリでの婚活も、結婚相談所での婚活も一長一短となります。どちらかひとつだけの婚活では上手くいかないことから、「隣の芝生は青い」心理になることはあるあるなのです。

マッチングアプリの婚活に疲れた人は、サポートしてくれる担当者や結婚の本気度が高い会員の多い結婚相談所がうらやましくなります。結婚相談所の婚活に疲れた人は、もっとカジュアルで幅広い年齢層の出会いに心が揺れてしまうのです。

婚活に行き詰ってきたときは、気分転換や視野を広げていくのがベストです。マッチングアプリと結婚相談所の併用をするのは、結婚の近道とまでは言い切れませんが、婚活にはとても効果的といえるでしょう。

ただし、お金がかかる!体力と気力も必要に

マッチングアプリと結婚相談所の併用は、婚活に効果的と考えられます。ただし、掛け持ちで婚活するようになるので、お金がかかってしまっても大丈夫なのかはお財布と相談しておいたほうがよいでしょう。

参考に結婚相談所とマッチングアプリ(婚活サイト)の月会費をまとめてみました。

結婚相談所 楽天オーネット(プレミアムプラン) ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース) パートナーエージェント(コンシェルジュコース)
月会費 13,900円(税抜き) 15,800円(税抜き) 17,000円(税抜き)
マッチングアプリ ユーブライド(スタンダードプラン) ブライダルネット(6か月プラン) ゼクシィ縁結びエージェント(スタンダードプラン)
月会費 2,400円~ 2,600円~ 16,000円(税抜き)

どの結婚相談所とマッチングアプリ(婚活サイト)を組み合わせるかにもよります。しかし、表の中で最もリーズナブルな楽天オーネットとユーブライドを組み合わせても、16,300円は月会費だけで必要になる計算です。

ここにお見合い代やお茶代、デート代などをプラスしていくと、合計で3~5万円ほどは婚活活動費として確保しておいたほうがよいでしょう。

また、マッチングアプリと結婚相談所を併用しての婚活は体力や気力も必要になります。仕事以外のプライベートタイムが婚活一色に染まってしまうことは覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

評判のよいマッチングアプリを併用しよう

結婚相談所で婚活している人が、マッチングアプリの併用を考える場合は、きちんとした婚活サイトを選ぶことが注意点です。その日限りの出会いや恋人探しをメインにした恋活サイトは、あまりおすすめできません。

女性無料のマッチングアプリも然りです。独身証明を提出する必要がないため、既婚者が登録している場合があります。さらには、結婚を考えているふりをして、実はそうでもない人が登録している可能性もあるでしょう。

最悪、行き詰まりを打開しようとマッチングアプリを併用したことが、逆にトラブルの引き金になる恐れもあります。できるだけ、結婚への本気度が高い人が集まる優良なマッチングアプリ(婚活サイト)を選ぶことで効果を上げることができるでしょう。

ゼクシィ縁結びの始め方と使い方!始めるのに必要な手続きや入力しないといけない情報は?

ユーブライドの支払い方法まとめ!クレジットカード・口座振り込み等は?

ブライダルネットの料金・費用の全て!課金ポイントや月額料金の金額の妥当性は?

真剣交際になったらマッチングアプリの異性とはお別れ

マッチングアプリで婚活している人が結婚相談所を併用した場合に気を付けておくことがあります。それは、結婚相談所で仮交際から真剣交際に切り替わったら、マッチングアプリで掛け持ち交際している異性とはお別れになるということです。

結婚相談所での仮交際相手であれば、専任の担当者から交際終了を伝えてもらえます。しかし、婚活系のマッチングアプリの場合は担当者がいても、フォローが期待できないことも。トラブルに発展しないように、気を付ける必要があるといえるでしょう。

結婚相談所と婚活パーティーを併用して様子を見るのもおすすめ

結婚相談所で婚活している人がマッチングアプリを併用するとなると、忙しくなるため結婚相談所に支払っている月会費のコスパが落ちてしまう可能性があります。「両方の元が取れるのか心配」という方は、マッチングアプリではなく、婚活パーティーへのスポット参加もよいでしょう。

婚活パーティーとの併用であれば、気が向いたときや余裕のある月だけ、もしくはお見合いが上手くいかなかった月だけと、調整して参加することができます。結婚相談所での婚活に影響してしまうことは少ないでしょう。

マッチングアプリと結婚相談所の併用で効果が出やすい人の特徴

では最後に、マッチングアプリ(婚活サイト)と結婚相談所の併用で、婚活に効果が出やすい人の特徴をお伝えしておきます。掛け持ち登録で婚活しても、向いていなかったらお金と時間が無駄になるばかりか、結果に恵まれない事態となってしまいます。

①予算に余裕のある人

マッチングアプリ(婚活サイト)と結婚相談所の併用は、とにかくお金がかかります。とくに男性が結婚相談所で婚活する場合、お見合いのお茶代や交際中のデート代は男性の支払いになるので、予算に余裕のある人だけにおすすめです。

②体力と気力の充実している人

マッチングアプリ(婚活サイト)と結婚相談所の併用は、体力と気力の充実している人なら向いているといえるでしょう。とくに、マッチングアプリはメッセージのやりとりからスタートです。結婚相談所のようにお見合いからスタートするわけではないため、初顔合わせまでの労力も必要になってしまいます。

また、マッチングアプリと結婚相談所の併用で元を取ろうと思うと、仕事が終わった後や土日は婚活で埋まることになるでしょう。掛け持ちで婚活するなら、お金以外にも十分すぎるほどの体力と気力が必要です。

③自分で身を守れる人

婚活は、お相手に対してモヤモヤすることが多いです。キープとして扱われたり、奢ってあげているのにお礼のひと言もなかったり。デートで盛り上がって好感触、ついに婚活地獄から卒業できると思ったら、あっさりと交際中止の連絡をもらうこともあるでしょう。

婚活って、サバイバルな面もあるのです。そんなとき、結婚相談所は専任の担当者が間に入ってくれます。しかし、マッチングアプリ(婚活サイト)の場合は担当者といっても名ばかりの場合も…。だからこそ、併用するなら自分で身を守れる人がおすすめ!

日頃からトラブルに巻き込まれやすい人であれば、マッチングアプリを併用するよりも結婚相談所メインでの婚活が効果的といえるでしょう。

マッチングアプリと結婚相談所の併用は向いている人なら効果的!

マッチングアプリ(婚活サイト)と結婚相談所の併用は、婚活に効果的です。しかし、複数入会しての婚活は人によって向き不向きがありそうです。自分自身に向いていそうであれば、マッチングアプリと結婚相談所を併用してみることで結婚への近道ともなるでしょう。

-マッチングアプリ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.