新着記事

タップル マッチングアプリ

タップルで恋人(彼氏・彼女)ができるまでの目安!何人と会う?何カ月使う?

マッチングアプリで恋人を作ることが全く珍しくない時代になってきましたが、実際に出会って彼女・彼氏を作るにはそれくらいの期間がかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか。今回はマッチングアプリの中でも最大規模のユーザー数を誇るマッチングアプリ「タップル誕生」の場合で解説していきます。リアルな口コミもご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

タップルとはどんなマッチングアプリ?

そもそもタップルがどんなマッチングアプリなのか解説していきます。これから未来の恋人である彼女・彼氏を探すとなるとどんなアプリでどんなユーザーがいるのか気になりますよね。

1.マッチング方式は”スワイプ式”!

タップルのマッチング方法は非常にシンプルなスワイプ式で、画面上にランダムに一人の異性が表示されるので、直感的に「アリ(いいかも)」か「ナシ(イマイチ)」を振り分けるだけの簡単操作です。感覚的に使えて、面倒さがないのも人気が出た一因です。「共通の趣味で出会える」と宣伝しているタップルだけあり、ジャンルごとにしぼって異性を表示させることができます。例えば「趣味:映画」ジャンルを選ぶと、映画が趣味の異性が順にランダム表示されるので同じようにアリかナシかを振り分けます。相手から「ありがとう」が返ってきたらマッチング成立です。

マッチングポイント

マッチングはいわゆるお互いが「両想い」にならないと成立しません。「アリ(いいかも)」に振り分けた相手が「アリ」と返してきてくれて初めてマッチングします。逆にあなたを「アリ(いいかも)」に振り分けた異性に同じように返してもマッチングします。

2.業界大手の運営で、セキュリティ面も万全!

タップルの運営は業界最大のサイバーエージェントグループです。上場企業でもあるサイバーエージェントグループは「Abema TV」や「アメーバブログ」の運営もしており、一度は名前を聞いたことのある人が多いのではないでしょうか?信用のある企業なので、「サクラ」や「なりすまし」などの悪質ユーザーがいないもの安心して利用できますね。

さらに24時間365日の監視体制で万が一のユーザー同士のトラブルにも、カスタマーサポートがあるので運営に相談できるのもタップルの強みと言えますね。加えて、タップルの登録時には本人認証のために公的身分証明書のアップロードが義務付けられています。これにより、なりすましや偽アカウントの作成を防ぐことが可能です。

注意ポイント

タップルは18歳以上から登録可能ですが、高校生は対象外です。

3.若い世代のユーザーが多い!

タップルは独特のマッチング方法で多くの会員が登録していますが、その大半は20代などの若い世代が圧倒的に多い傾向にあります。シンプルで使いやすく、詳細条件で相手をしぼるようなシステムではなく、直感的に操作できるのも若い世代に流行った一因といえるでしょう。特に学生ユーザーの多さが目立ちます。大学生から、専門学生、短大生など、様々な学生と出会えるでしょう。

参考

もちろん30代、40代、50代と上の年齢層になるにつれ、割合は減っていきます。30代くらいまでであれば出会いのチャンスはたくさんありますが、40代50代ともなるとちょっと難しいかもしれません。

4.女性は無料、男性は月額制!

タップルの料金プランは女性はほぼすべてのサービスが完全無料で利用できます。男性は定額月額制なので有料会員登録することで女性会員と出会うことができるようになります。月額料金は約4,000円と一般的なマッチングアプリと比べても良心的な価格設定です。定額制なので、一度払ってしまえば出会うのに必要な機能は全て無課金で利用可能です。

一部有料課金アイテムも!

女性は基本無料で利用可能で、男性も月額登録をすると、マッチングからメッセージのやり取り、デートまで無料で利用できるようになりますが、基本機能のほかに「プレミアムオプション」に加入すると、さらに効率的でハイクオリティな出会いができるようになります。メッセージの既読未読が分かるようになったり、より詳細な条件で相手を検索できる「フリーワード検索」ができるようになるので、気になる人は試してみるものおススメです。

5.恋活向きのライトユーザーが多い!

タップルのユーザーは年齢層が若いこともあり、本気の婚活ユーザーというよりも、ライトな出会いを求める恋活ユーザーが多い傾向にあります。出会いまでに相手を慎重に見極める婚活ユーザーとは違い、比較的フランクな雰囲気で出会いに積極的なユーザーが多い為、出会ってから相手との関係と考えるようなタイプが多いと言えるでしょう。

オンラインデートなら即日可能?

タップルのオンラインデート機能はマッチングさえしていれば、その日から利用可能です。テレビ電話機能を利用したオンラインデートで、コロナ禍で流行したzoom飲み会のようなイメージです。画面越しではあるものの、リアルな相手の声を聞いたり直接話したりできるので、ぜひ有効活用してみましょう。

タップルで恋人ができるまでは何人と会えばいい?

タップルは月間1万人もの恋人が誕生していると公式でも発表しているほど、マッチング数の多さと、恋人成立率の高さが注目されていますが、実際に恋人を作るとなると、どんなステップが必要なのでしょうか?やみくもにマッチングするよりも少し戦略的に恋活してく方がより効率的に素敵な恋人を見つけられる可能性が高くなります。

恋人ができるまでの基本Step

  1. 好みのタイプの異性をひたすら「いいかも」していく。
  2. マッチングした異性にメッセージを送る。
  3. メッセージが続いた相手と関係と構築していく。
  4. (メッセージが続いた相手が多かった場合)、デートに誘うまでの相手を絞り込む。
  5. メッセージのやり取りで距離感を縮める。
  6. デートに誘う。
  7. デートした相手の中から、気に入った人にアプローチしていく。
    (連絡先交換や、何度かデートや食事に誘う。)
  8. 告白し、お付き合い成功!

1.効率的に出会うには複数人同時進行は当たり前!

タップルで恋活していくにあたり、何人もの異性と同時にやり取りをするのは、マッチングアプリ内ではもはや常識と言ってもいいでしょう。あなたがやり取りしている相手も同じように複数人ともやり取りしていると思った方が賢明です。というのも、仮に1人にのみのやり取りで、メッセージのやり取りから、関係を深め、デートし、恋人成立に至らなかった場合、また最初から好みのタイプの異性を見つけなればなりません。それでは恋人ができるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

複数人とのやりとりは決して不誠実ではなく、むしろいろいろなタイプの異性と出会うことができるので視野を広げ、一人の相手に固執しないので、より素敵な相手と出会える可能性を広げてくれます。

2.同時進行は何人まで?出会うのは何人がいい?

実際に同時進行するには、何人程度なのか気になる人も多いでしょう。何人とやり取りするかは、最初にご紹介した恋人ができるまでのステップごとに変わってくるので、それぞれの段階で解説してきます。

①「いいかも」を送る相手/人数。

まず最初にランダムに表示される相手を「いいかも」もしくは「イマイチ」に振り分けますが、20人以上に「いいかも」して1/3程マッチングすればいいでしょう。マッチングした相手とのみメッセージできるので、マッチングできるまでは「いいかも」し続けてもよいかもしれません。

②マッチングした中から、メッセージを送る人数。

メッセージを送るのはマッチングした全員に送ってもいいですが、15人ほどを上限にしてもいいでしょう。あまりに多いと、返信がたくさん来た時に、とても大変になります。メッセージを送っても、返信が来なったり、数回のやり取りでブロックされてしまったりする相手がいることを考えると、10人以上にはメッセージを送っておきたいですね。

ただ、初めてマッチングアプリを利用する人は最初なので5人ほどでもいいかもしれません。

③メッセージが続いた中から、やり取りを続けていく人数。

メッセージを送って返事が返ってきて、2,3ラリー続くようであれば、その中から今後もやり取りを続けていく相手を厳選します。5人程度を目安にしぼるといいでしょう。あまりに多いと、どの相手がどんな人か覚えきれなくなったり、別の相手との会話の内容を間違えて話してしまったりと、ミスが起こりやすくなるリスクも高まります。

5人程度と、メッセージで会話を続けながら、徐々に距離感を縮めていきましょう。

➃デートを誘う人数。

メッセージのやり取りが盛り上がったり、実際に会ってみたいと思う相手をしぼり込んだらデートに誘ってみましょう。いくらチャットのやり取りが順調だからと言って合わなければ何も始まりません。リアルな食事やデートなら3人~4人、オンラインデートなら5人全員としてもいいでしょう。この段階で、相手に気がなければデートを断られるので、候補から外れてしまいます。

⑤デートを重ねる人数。

初回のデートが成功に終わり、いよいよ本格的に恋人になってもらうためのアプローチをしていきますが、初回のデートをしてみて、一番タイプな相手、うまくいきそうな相手、自分にも好意を持ってくれた相手を優先順位をつけて2人、3人にしぼりって2回目、3回目の食事やデートに誘いましょう。

⑥最終アプローチ。

デートを重ね、相手も恋人として意識してくれるようになったら、タイミングをみて告白してみましょう。理想は一番タイプの女性・男性とうまくいくことですが、万が一振られてしまった場合は、2人目、3人目に切り替えてアプローチしていきます。最終アプローチは自分の中の優先順位の順番でアプローチすることが大事です。

恋人関係が成立した時点で、同時進行していた他の異性との関係は断ちましょう。相手に次に進んでもらうためにも恋人ができたのでタップルをやめることを伝えるのがオススメです。

タップルで恋人ができるまでの期間はどのくらい?

タップルで恋活を始めてから、実際に恋人ができてタップルを退会するまでの期間はどれくらい必要なのでしょうか。先程までご紹介してきたように、複数人同時進行でやり取りしていくので、失敗するごとに最初から相手を探す必要がなく、一定期間あれば恋人ができるでしょう。もちろんマッチングした相手との相性もありますが、何人かとやり取りしていれば、「この人がいい!」と思える相手にも出会えるでしょう。

1.マッチングしてから最初のデートまでの期間。

タップルで初めてマッチングしてからメッセージのやり取りを続けていきますが、メッセージのやり取りで仲良くなってから実際にデートを誘うまでの期間は2週間~3週間がベストです。マッチングしてから1週間ではメッセージのやり取りの頻度にもよりますが、まだお互いに馴染んでいないので、デートに誘っても断られる可能性もあります。

例外もあり!

基本的に2~3週間がおススメですが、メッセージのやり取りがラインのようにポンポンとテンポよく続いて会話が盛り上がっていたり、職場や学校、住んでいる場所が近く、自然と会う流れになった時は、無理に引き延ばそうとせず、相手の様子をみてデートの約束をすることもあります。自然な流れの中で無理に引き延ばそうとすると、相手に伝わってしまい、脈ナシなのかと離れて行ってしまう可能性もあります。

2.デートを重ねる期間。

初回のデートや食事が成功し、2回目のデートに誘い、3回目のデートに誘い、うまくいくようであれば告白や付き合うことを意識しますよね。デートの頻度は1週間~10日に1回くらいのペースがおすすめです。数回デートをするとなると、1ヵ月から2ヵ月は必要になります。実際に会う回数を重ねることで、お互いによりリアルに恋人となった時の感覚をつかめるようになり、信頼感もできてきます。

デートを重ねるようになったら、たまに電話してみるのも効果的でしょう。より親密度が上がったり、直接会っているときよりも緊張感が減るので会話自体を楽しむことができます。

3.タップル登録から退会までの期間。

タップルでマッチングしてからメッセージのやり取りを経てデートを重ねる期間を考えると、最短でも2ヵ月~3カ月が平均的です。男性ユーザーの場合、月額料金がかかるので、タップルの3ヵ月プランを購入して3ヵ月で恋人を作ることを目標にしてもよいかもしれません。もっとじっくり相手を見定めたかったり、ゆっくりのペースで進めたい場合は、3ヵ月~半年のスパンで考えるといいでしょう。

タップル退会までの期間

最終アプローチ段階(2回目以降のデート)になると、恋人候補の相手と直接LINEや連絡先を交換するので、タップルを退会してしまっても問題ありません。男性の場合は、有料プランの更新をやめてしまってもよいでしょう。

タップルで恋人を作るコツは?

タップルで恋人をゲットするには、やみくもにマッチングして、やみくもにアプローチしていくよりも、これまでで解説してきたようにちょっとずつ段階を踏んで確実に相手との距離を縮めていくのが効果的です。

1.マッチングのためのプロフィール作成は最重要!

恋人を作るにしても、まずはマッチングしてメッセージのやり取りをしなければ何も始まりません。タップルのマッチングシステムは、相手のスマホ画面にデカデカとあなたのプロフィール写真である顔写真とニックネームが表示され、プロフィールも見られるので、プロフィール画像と自己紹介の設定はマッチングのために何よりも重要です。直感で「アリ」か「ナシ」を振り分けるタップルだからこそ、ぱっと見の写真がイマイチだと、「ナシ」にさっとスワイプされてしまいます。

逆に写真が素敵だと、とりあえずでも「アリ」にしてもらえる可能性が高くなるので、プロフィール設定には気合を入れましょう。

どんなプロフィール設定がいい?

  • 明るくて清潔感のある写真。
  • 笑顔で正面から映っているプロフィール画像。
  • 自撮りではなく、他人に撮ってもらった自然な他撮り画像。
  • ニックネームは本名(フルネームではなく下の名前のみ等)

2.メッセージのやり取りは相手との距離感が大切!

マッチングした相手とメッセージのやり取りする際は、相手と心地いいペースでやり取りすることがポイントです。相手から来たメッセージにいつでも即返信だと、相手は圧迫感の感じてしまうかもしれません。逆に数日あけて返したり、あまりに時間を空けてしまうと、相手からは気がないのかな?と思われてしまいます。数分~数時間以内には返信するように心がけましょう。

メッセージのポイント

メッセージの内容は馴れ馴れしくしすぎるのもよくないですが、堅苦しくなりすぎず明るい雰囲気を意識しましょう。若い世代が多いので、敬語や話し方にこだわる人はほとんどいません。

プロフィールに掲載してある趣味や好きなことについてなど、共通で盛り上げれる話題を見つけて、距離感を縮められるようにしましょう。タップルはジャンルをしぼってマッチングできるので、最初から自分の話やすいジャンルの異性とマッチングするのもいい方法です。

3.ガツガツと迫らない!

彼女が欲しい・彼氏が欲しいという気持ちにまかせて、しつこくメッセージを送ったり、質問攻めにしてみたり、お門違いのアピールや自慢話で自分をよく見せようとするのは、まったくの逆効果なのでやめた方がいでしょう。むしろ余裕がない人だと思われたり、変な人だと思われたりするデメリットの方が多いので、がっつくのは得策ではありません。

注意ポイント

しつこいメッセージは男女ともに一番嫌われるタイプなので、相手から返信が来なくても焦らず待ちましょう。どうしてもタイプの相手であれば、1日か2日後にもう一度送ってみる程度ならばよいかもしれませんが、それでも返信がない場合は諦めて次に行きましょう。

4.デートのお誘いはストレートに!

メッセージのやり取りで順調に盛り上がっていたら、いよいよ実際のデートに誘ってみましょう。いくら仲良くなったところで、実際に会わなければ恋人にはなれません。仲良くなった段階で、思い切ってデートに誘ってみましょう。遠回しな言い方ではなく、ストレートに誘うことがポイントです。

誘う口実はなんでもかまいません。「美味しいお店をみつけたので一緒に行こう!」「直接会ってみたいからカフェデートしない?」「見たい映画があるから一緒に行こう!」などバリエーションはたくさんあります。その時の話題や雰囲気に合わせて選ぶとよいでしょう。

5.最初のデートはできる限り昼間!

一番最初に初対面で会う場合は、できる限り昼間のデートにがおススメです。特に女性側が、夜や夕方からのデートだと、体目的なのではないか?と警戒心を持ったり、不信感を持たれてしまうので、せっかくのデートが心から楽しめない可能性が高くなります。

初めてのデートは昼間かつ、長時間すぎず、人目のある場所がおすすめです。お互いにお酒が好きだったり、最初から居酒屋に乗り気の場合は臨機応変に対応しましょう。

6.誠実に!

成立しなかった相手や絞り込みで対象外になる相手にも誠実に対応しましょう。うまくいっていると思った相手から突然ブロックされたりひどい言葉を投げかけられたらショックですよね。彼氏・彼女ができたり、メインでアプローチする相手が決まったら、それまでやり取りしていた相手には返信を返さないか、素直に相手ができたと伝えた方が親切です。

タップルで素敵な恋人をゲットしよう!

タップルで恋人作るには20人程度の異性とマッチングして、やり取りを重ね、2ヵ月~半年あれば素敵な恋人ができることでしょう。趣味や好みの合う素敵な恋人を見つけて恋活を楽しみましょう。

-タップル, マッチングアプリ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.