新着記事

タップル マッチングアプリ

タップルは再婚目的のバツイチ以上でも出会いは見つかる?

数多くのマッチングアプリがあふれ、出会いのきっかけとして世間に浸透してきましたが、過去に離婚経験のあるバツイチや再婚目的の人でも出会うことはできるのか気になっている人も多いのではないでしょうか?マッチングアプリ業界でも国内最大級のユーザー数を誇る「タップル」についてリアルな口コミも含めながら解説していきます。

タップルとは?

そもそもタップルとはどういったマッチングアプリなのかザックリと解説していきます。タップルはバツイチ以上の人や再婚に向いているのでしょうか?

1.マッチング方法はスワイプ式!

タップルのマッチング方法はかなりシンプルな”スワイプ式”のマッチング方法です。「趣味で出会えるマッチングアプリ」という、うたい文句で宣伝している通り、まずはマッチングしたいジャンルの趣味カテゴリーを選択します。選らんだ趣味カテゴリー内に登録している異性が、画面にランダムで1人ずつ表示されるので、「アリ」か「ナシ」か直感で左右にスワイプすることで、マッチングできます。「アリ」に振り分けた異性からも「アリ」に振り分けてもらえればマッチング成立です。

振り分け画面を開くと、まず画面全体にでかでかと異性のプロフィール写真が表示されるので、メインはやはり顔の好みでも振り分けが多い傾向にあります。
マッチングは自分から「アリ(いいかも)」した人から「アリ(いいかも)」が返ってくるか、相手から「アリ(いいかも)」されると通知が来るので、「アリ(いいかも)」を返した時点でマッチングします。

2.運営は業界大手でセキュリティシステムも安心!

タップルの運営は業界大手のサイバーエージェントグループです。「Abema TV」や「アメーバブログ」の名前を一度は聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?上場企業の運営なので、「サクラ」や「なりすまし」ユーザーがいる可能性も低く、ユーザーは安心して利用できます。

アプリの運営もカスタマーサポート体制に加え、24時間365日の監視体制や、ユーザー登録時の本人確認、身分確認の徹底がされるので、万が一のユーザー同士のトラブルがあった場合でも運営に通報したり相談したりすることができます。

タップルは18歳以上から利用可能ですが、登録時には本人確認のために、運転免許証などの公的身分証明書のアップロードが必須です。身分確認ができないユーザーは利用できません。

3.若い世代のユーザーが多い!

タップルは18歳以上であれば登録することが可能で、簡単で直感的なマッチング方法が若い世代にマッチしたのこともあり、特に18,19歳から20代の若いユーザーが大半を占めます。20代のユーザーが一番多く、学生や社会人になりたての世代が多いでしょう。30代のユーザーも見られますが、40代、50代のと年齢層が上がっていくにつれて割合は減っていきます。

4.女性完全無料、男性月額制の料金プラン!

タップルの料金プランは女性は無料なのでマッチングからメッセージのやり取り、出会いまで、完全無料で利用できます。男性は月額定額の有料会員プランになることで、メッセージのやり取りや出会いができるようになります。月額料金は契約期間のプランによりますが、約4,000円と、マッチングアプリとしては平均的な価格設定で定額制なので良心的です。

タップルの料金プランは女性無料、男性定額制ですが、さらにクオリティの高い出会いを求めるユーザー向けにプレミアム・オプションの別課金ぷらんや、都度課金で購入できる便利アイテムなどもあるので、気になる方は試してみてもいいでしょう。

5.婚活より恋活向き!

タップルは若いユーザーや学生が多いこともあり、本気の婚活と言うよりは、フランクな恋活ユーザーの方が多い傾向にあります。ランダム表示のスワイプするだけのマッチング方法やラフな出会いが多いタップルでは、詳細に相手に条件を求めたり、検索したりする婚活には向いていません。

ただ、アクティブユーザーが多く、マッチング成立率が高いので出会いやすくはあります。タップル公式でも毎月1万人の恋人成立とあるほどの実績もあり、出会った相手とうまくいったらもちろん結婚を視野に入れたお付き合いもあるでしょう。

最初からガツガツと、婚活目的をアピールするのはおすすめできません。フランクなユーザーが多いので、マッチング前に避けられてしまう可能性があります。

再婚目的やバツイチ以上でもマッチングできる?

マッチング数も出会いも多いタップルですが、バツイチ以上や、再婚目的でも出えるのか気になる人も多いかと思います。

タップルは再婚目的・バツイチでも十分出会えます!

出会える理由を具体的に解説していきますね。

1.バツイチはそれほど特殊ではない!

最近ここ数年では、3人に1人は離婚する時代といわれメディアにも取り上げられていますが、実際に周りを見渡してみても離婚歴がある人は珍しくないのではないでしょうか。以前のように離婚歴があるだけで、訳アリの目線で見られたり、白い目を向けられたりすることもなく、当たり前のように受け入れられています

中には気にする人もいるかもしれませんが、あなたが思っているほど、離婚歴があるというのは特別ではないと認識しましょう。驚かれることはあるかもしれませんが、ネガティブなイメージではないことがほとんどなので、引け目に感じてしまう必要はありません。

離婚歴の回数がバツイチ、バツ2くらいまでであればよくあると言えますが、バツ3以上になるとちょっと事情が変わってくるでしょう。一度なら何とも思われないことも、何度も離婚を繰り返しているとなると何か問題があるのでは?と思われても仕方ありません。離婚歴が複数ある人は、伝え方も大切になってきます。

2.タップルから真剣交際している出会いも!

タップルでは公式サイトのレポートにもあるように、タップルで出会ったカップルが結婚を前提としたお付き合いをしているカップルもたくさん存在します。タップルのユーザーはフランクな恋活ユーザーが多いとご紹介しましたが、交際がうまくいけば結婚へゴールインすることも夢ではありません。もちろんラフな出会いを求めるユーザーが目立ちますが、なかにはフランクな出会いではなく、同じように結婚を前提とまではいかなくても真剣に相手を求めている人も存在します。

バツイチであることや再婚目的かどうかは関係なく、出会った相手との関係性によってその後のお付き合いが出来上がっていきいます。タップルで出会ったカップルが結婚前提や真剣交際している実績はたくさんあるので、気になる方は公式HPでのタップルレポートを見てみることをオススメします。

3.ユーザー数が多く、いろんな人がいる!

タップルは、登録ユーザー数600万人超えという大規模マッチングサービスなので、それだけ多くの人が利用しています。登録しているユーザーの母数が多いのでそれだけいろいろな価値観を持った人と出会えるでしょう。あなたと同じように離婚歴があったり、再婚目的の異性がいたり、バツイチやバツ2の過去なんて気にしないという人にも巡り出会えるでしょう。

タップルの恋人成立数は月間で約10,000人!ユーザー数が多いだけではなく、アクティブユーザーも多いので、多くの人との恋のきっかけがあります。

4.バツ同士の出会いもある!

タップルに限らず、他のマッチングアプリはバツイチ、バツ2以上の人にとっても貴重な出会いのきっかけを作る場所です。前妻や前夫が元友人だったり、同僚だったり、同級生だったりすると、同じコミュニティーではどうしても恋愛することは難しいですよね。その点マッチングアプリであれば、人間関係に縛られない自由な出会いができ、まわりの目を気にせず恋活が可能なので、バツイチ以上の人で相手探しのためにタップルやマッチングアプリを利用することは珍しくありません。

バツ同士の出会いは、離婚経験者同士しか分かりあえな話や苦労体験などを分かち合えるので意気投合しやすいかもしれませんね。

バツイチ以上でも出会うコツ!

バツがあってもスムーズに出会うためにはコツが必要です。抑えなければならないポイントを抑えて素敵な恋活を楽しみましょう。リアルな口コミもご紹介していきます。

1.バツイチであることを隠さない!

タップルに登録してマッチング活動を始めた時に、バツイチであることを言わずにマッチングするのか、最初から堂々と表に出して恋活するのか迷う人も多いでしょう。しかし、バツイチであることを隠して恋活し、順調にいっている最中に後から告白するのは、相手にとっても自分にとってもよくありません。後々のことを考えると、最初から堂々と公言しておいた方がメリットが大きいでしょう。

バツがあることを隠してマッチングした場合
【メリット】
  • マッチング数が増える。
  • ナチュラルな恋愛を楽しめる。
【デメリット】
  • 隠し事をして交際しているという後ろめたさが生まれる。
  • 突然知られたり、自分以外のところからバレたらどうしようという心理的不安。
  • 後から告白し、相手に隠されていたという不信感を与える可能性。
  • バツイチであることをいつまでも言えない。
  • バツイチであること後から告白し、受け入れられなかった場合、相手も自分もダメージが大きく、時間も無駄になってしまう。
  • バツが原因で破局した場合、後乗れない活動にネガティブになってしまうリスクがある。
バツがあることを公開してマッチングした場合
【メリット】
  • バツに対する、偏見や拒否感のある人をふるいにかけて落とせるので、付き合ってからバツが原因で別れたり、拒絶されたりしないので、時間も無駄にしない。
  • 後ろめたい思いやバレるかもという不安がないので、堂々と恋愛できる。
  • バツがあることを知ったうえでの高裁であれば、お互い納得できる。
  • バツイチに偏見がない人と出会える。
  • 同じバツのある人と出会いやすい。
【デメリット】
  • 一部のユーザーからは敬遠されてしまう。
  • 交際に至った時に、前妻や前夫の存在が相手を悩ませる可能性がある。

30代/女性

離婚歴を言わずに付き合っていた年下の彼に、半年記念日のタイミングで告白したら、別れを告げられてしまった。バツがあると知っていたら付き合ってなかったとの事。受け入れられない人もいるんだなぁ、と悲しくなった。出会ってから付き合った役1年が無駄になってしまったので、今後は結婚歴、離婚歴をオープンにして恋活していこうと決めた。

2.離婚経験を重たくしすぎない!

過去の離婚経験について、バツイチ以上を公開したうえで、恋活していくとなれば、どこかのタイミングで離婚の理由を聞かれたり、前妻、前夫はどんあ人だったのか聞かれたりする場面があるでしょう。質問する方も、気になりつつも聞きにくい内容ではあるので、可能なら、さらと自分から言ってもいいでしょう。

あまり重たい雰囲気で言うと相手もしり込みしてしまうので、さらっと伝えるのがベストです。離婚の原因を伝えることで、相手も安心してあなたと向き合うことができるようになり、距離感が縮まります。さらっと伝えることで、引きずっていたり、執着していないこともアピールできるので一石二鳥ですね。

20代後半/男性

マッチングした同年代の女性とデートすることになったので、プロフィールに書いてあった離婚歴について思い切って聞いた見たら、あっさりと答えてくれたのでほっとした。触れてはいけないんじゃないかとも思ったが、タブーにしておくより、聞いてスッキリした方が、ちゃんと付き合える気がした。離婚の原因も元夫が原因だったので安心した。

3.前妻、前夫の話はしすぎない!

バツがあるということは、一度結婚していたことの裏返しでもあるので、新たなパートナーとなる恋人からしたら、元妻、元夫の存在は気にするなと言う方が無理な話です。どんな人だったのか?なぜ離婚に至ったのか?など聞かれるかもしれませんが、素直に答えるのがおススメです。変に濁したリすると、未練があるのかと疑われたり、不安にさせてしまいます。

しかし、話過ぎるのもよくありません。新たな恋人、恋人候補の相手は、あなたに昔の結婚相手の話をされると、どんなつもりで話しているんだろうと思うでしょう。無言の圧力や、プレッシャーを与えてしまったり、少なくとも一度は結婚した相手を逆に貶めるような発言は、自分も将来そう言われる可能性があるかもと、不安の種を植え付けてしまいます。聞かれたら答える程度がちょうどいい距離感と言えそうです。

20代前半/女性

タップルからお付き合いすることになった男性が、バツイチだったので元奥さんの存在は気になったものの、子供もいなくて現在は全く連絡とっていないと聞き、ひとまず安心している。たまに気になって質問すると、正直に答えてくれるので、誠実なんだと感じられてそれほど元奥さんの存在も気にならない。

4.大人の魅力と経験を武器にする!

バツがついていることや、離婚経験はネガティブなイメージを持たれがちですが、ミステリアスな過去や、結婚の経験があることは、反対に魅力的に映ることも多々あります。特に恋愛経験が浅かったり、結婚にあこがれを抱いているような年下の異性からすると、一度結婚していたことがあるというあなたの過去は、ミステリアスで魅力的なものに感じられるかもしれません。

もっと知りたい思わせたり、大人の魅力を感じさせたり、若い年代のユーザー層が多いタップルだからこそ、むしろ武器にしてしまいましょう。

20代後半/男性

タップルで出会った年上の女性が離婚歴があり、デートでもそんな過去を感じさせないので、とても気になってしまった。もっとこの人がどんな人なのか知りたくなった。

5.子供がいる人は隠さない!

バツイチ以上で恋活をする場合、最も重要なポイントと言っても過言ではありません。元妻、元夫との間に子供がいるのかいないのか。いるのであれば何人いて、親権はどちらなのか、一緒に住んでいるのかいないのか、養育費の支払いはあるのかないのかなど、新たに出会う人からすると気になるポイントは盛りだくさんです。

特に親権や養育費、一緒に住んでいるかどうかは最重要ポイントとなるので、お付き合いするのであれば、早い段階で話しておくことをおススメします。お付き合いが始まって、真剣交際になった後で、子供の話をされた相手はかなりの衝撃を受けるはずです。また、子供と一緒に住んでいる場合、お付き合いする相手の理解が得られないと、関係を進めるのは難しいでしょう。

20代後半/女性

小学生の息子がいるので、お付き合いする人にはどうしても子供優先になる時が多いと理解してもらわなければ恋活なんてできない。逆に子供の話をして離れていくような人とは可能性がないので、振り分けられていいと思う。

再婚目的・バツイチ以上の恋活注意点!

再婚目的の人や、バツイチでも出会いの可能性はおおいにありますが、注意しなければならない出会いもあります。タップルに限らず、どのマッチングアプリでも言えることですが、出会い目的以外の悪質なユーザーに出会うことがありますが、すぐにブロックするか、運営に通報してしまうのが得策です。

1.詐欺やビジネス目的のユーザーに注意!

マッチングアプリであるタップルでビジネスユーザー?と思うかもしれませんが、意外に多く存在するのがこの手のユーザーです。いろいろな商品を売りつけてきたり、団体を紹介したり、ビジネスと言いつつマルチ商法だったりと、トラブルになりやすいので、話を持ち掛けられても相手にしないことが大切です。

特にシングルマザーやシングルファザーなどのユーザーには稼げる案件を紹介しようとしてメッセージを送ってきたり、出会い目的以外での接触をはかろうとするので、少しでも怪しいと思ったら近づかない方がいいでしょう。

2.体目的のみの出会いに注意!

主に女性のユーザーに言えることですが、体目的の出会いには気を付けましょう。真剣な交際相手を探しているのに、体目的の男性に引かかってしまっては素敵な恋愛はできません。タップルに限らず他のマッチングアプリでもそうですが、「ワンナイト」やあわよくば「セフレ」が目的の男性ユーザーは一定数存在します。自分が後悔しないためにも、関わらない方がよいでしょう。

体目的の男性の特徴

  • すぐに会おうとしてくる。
  • 下ネタを平気で話してくる。
  • 夜のデートにこだわる。
  • お酒のあるお店に行きたがる。
  • ホテルの近い場所、ホテル街があるような場所を指定してくる。
  • 昼間のデートは理由を付けて断る。

3.子供がいる場合、子供への態度や考えは?

子供が一緒に住んでいる場合や、まだ幼く小さい場合、新たなパートナーとなる人と子供の相性は非常に重要です。子供嫌いな人は論外ですし、苦手な人もうまく関係を続けるのは難しいでしょう。

子供に対して冷たい態度をとったり、無視したり、馬鹿にしたりするような人は、どんなにあなたとの関係が良好でも、将来的にトラブルになったり、子供の成長に悪影響を与えてしまったり、あなたが子供の予定を優先したときに不機嫌になったりと、いいことはありません。ユーザー数の多いタップルだからこそ、理想の相手を見つけましょう

再婚目的・バツイチでも素敵な出会いを見つけよう!

タップルはユーザー数も多く、バツイチ以上でも偏見のないあなた自身を見てくれるような素敵なパートナーと出会うことができるかもしれません。ご紹介したコツを抑えながら素敵な恋活を楽しみましょう。

-タップル, マッチングアプリ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.