新着記事

出会いが欲しい

そろそろ新しい恋がしたい!出会いはどこにあるの?出会い方7選

「そろそろ新しい恋がしたいけれど、なかなか出会いが見つからない…」とお悩みの方はいませんか?元彼を忘れたい、恋のドキドキを味わいたい、と新しい恋を求める理由はさまざまですが、出会いの場を見つけるのは意外と難しいもの。出会い方を探すのに一苦労して、いざ恋愛をしようとしても力が残っていない…なんてこともあるでしょう。

そこで今回は、新しい恋が見つかる出会い方のほか、新たな恋に一歩踏み出せない理由、恋を始めるための準備まで、「新しい恋」についてあらゆる角度からお伝えします。

新しい恋がしたくなるのはどんなとき?

それまで恋愛に対して距離を置いていたのに、「急に恋がしたくなった」という経験を持つ方は多いはず。そもそも「新しい恋がしたい」という気持ちはどんなタイミングで生まれるものなのでしょうか?まずは恋がしたくなる瞬間をいくつか見てみましょう。

友だちに彼氏ができたとき

独り身同士で仲良くしていた友だちに彼氏ができると、「羨ましいな」と感じて自分も恋愛したくなります。

よく会う友だちに彼氏ができた場合、のろけ話を聞かされたり、彼氏との時間によってなかなか会えなくなったりすることも。ラブラブな様子に対する羨ましさ、先を越されてしまったような焦り、会う回数が減ったことによる寂しさなどが影響して、「自分も彼氏が欲しい」と思い始めるのは不思議ではありません。

失恋から立ち直りたいとき

失恋して、そろそろ前を向きたいというときに恋がしたくなる。辛い気持ちを癒してくれるのは「時間」もしくは「新しい恋」のどちらかだと思うから。

「新しい恋」は失恋してしまったときの特効薬。恋の傷を癒してくれるのは、やはり恋をすることしかありません。失恋や元カレを忘れるために新しい出会いを探すケースは多いものです。

胸キュンするドラマを観たとき

恋愛ドラマの主人公に感情移入して、なんだか恋がしたい気分になりました!

胸キュン系の恋愛ドラマも、新しい恋がしたくなるきっかけの一つ。ドラマの主人公のようなドキドキを味わいたくなったり、好きな登場人物から理想の男性像を思い浮かべたり、恋愛ドラマには恋のスイッチを刺激する要素がたくさん詰まっています。

もちろんドラマだけではなく、恋愛ものの映画や小説、漫画、恋の歌なども同様。新しい恋のきっかけは、意外と身の回りにあふれているものなのです。

気分が沈んでいるとき

落ち込んだとき、「励ましてくれる彼氏がいたらなぁ…」と新しい恋がしたくなります。

自分のことを好きでいてくれる彼氏は、いわば自己肯定感を上げてくれる存在。たとえば自己嫌悪に陥ってしまうほど気分が沈んでいるときでも、励ましてくれる彼氏がいれば自信につながり、気持ちを立て直すことができますよね。こういった経験から、仕事でミスをした、人間関係で嫌なことがあったなどで落ち込んでいるときに、新しい恋をしたくなる人は多いです。

新しい恋に踏み出せない理由とは?

何かのきっかけがあって新しい恋がしたいと思ったはずなのに、なぜか一歩踏み出せない…という経験はありませんか?新たな出会いをためらってしまう原因は、実は自分自身にあるかもしれません。原因を自覚することができれば、対処の仕方がわかって新しい恋を始められるはず。恋に積極的になれない代表的な理由を見ていきましょう。

自分に自信がない

自分で自分を認めてあげることができなければ、新しい恋を始めるのは難しいもの。容姿にしろ性格にしろ、自分に自信がない状態では、「こんな私を好きになってくれる人なんていない」と思ってしまいがちです。

そんなネガティブな感情が転じて、「自分には恋をする資格がない」と負のスパイラルに陥ってしまうことも。結果として恋に対して積極的になることができず、出会いを避けてしまうのです。

過去の恋愛のトラウマor幻想

これまでの恋愛で嫌な思いをしている場合、辛い経験がトラウマになってしまっていることもあるでしょう。「また恋をしても、結局同じ結末になりそう…」とネガティブな妄想が広がって、新しい恋に踏み出せなくなるのです。

あるいは、別れた元カレとの間に幸せな思い出しかない場合、「あの人以上にいい人はいない!」と決めつけてしまうことも。過去の恋愛に幻想を抱きすぎて新しい恋に目を向けることができず、出会いに対して消極的になってしまうパターンです。

ブランクがあって恋愛の仕方がわからない

恋愛をお休みしていた期間が長くなればなるほど、新しい恋を始めるのは勇気がいるもの。「出会い方は?」「デートってどう誘えばいいの?」と恋愛の仕方がわからなくなり、恋愛自体を投げ出したくなる人も多いです。

または、「ブランクの期間が長い=独り身に慣れている」ということ。そのため、いざ恋愛をしようと思っていても、気付けば相手とのやりとりや縛られる関係が面倒になってしまうケースもあります。

新しい恋を始めるための3つのステップ

恋愛に積極的になれない理由を分析できたなら、いよいよ新しい恋へと一歩踏み出すときです。新しい恋をスタートさせるためには、次の3つのステップから少しずつ恋を始める準備をしましょう。

過去の恋愛の失敗を洗い出す

新しい恋を成功させるためには、過去の恋愛の失敗に学ぶのが一番。恋がしたいと思ったなら、まずは今までの恋愛を振り返ってみて。恋愛における苦い経験をただただ悔やむのではなく、次の恋を成就させるための知識としてフル活用しましょう。

過去の恋愛を振り返るということは、つまり自身のトラウマと向き合うということ。嫌な思い出を「一つの人生経験」として捉えることができれば、トラウマもきっと克服できるはずです。トラウマを乗り越えた先には素敵な恋愛が待っていると信じて、過去の恋愛を冷静に分析してみましょう。

自分磨きをする

先ほど、恋に踏み出せない理由として「自分に自信がないこと」を挙げました。自分に自信をつけるためには自分磨きが必須。ジムに通ったり、おしゃれな美容院に行ったり、いつでも「自分で自分を認められる状態」を目指しましょう。

自分磨きを頑張る女性は、周りからするとキラキラ輝いて見えるもの。知らず知らずのうちに異性からの好感度アップが狙えるかもしれません。自分磨きは、自分はもちろん周囲にいる人にも影響を与えられるので、できることから積極的に始めるのがおすすめです。

積極的に出会いを探す

いざ「恋を始めよう!」と思っても、同じく恋がしたい異性が自然と寄ってくるわけではありません。相手が現れるのを待っているだけでは、どんどん恋を遠ざけているのと同じこと。新しく恋を始めたいと思ったなら、出会いの場へ積極的に出かけましょう。

今いる環境では出会いに期待ができない場合は、コミュニティを変えてみるのも効果的。いつもは断る飲み会に参加したり、普段は行かないスポットへ出かけてみたり、出会いに対して自分からアクションを起こすのがおすすめです。

新しい恋が見つかる!出会い方7選

よく「社会人は出会いがない」と言いますが、意外にも至るところに出会うチャンスはあふれています。ここでは、「出会いはどこにあるの?」とお悩みの方のために、恋が見つかる出会い方を7つご紹介。それぞれのメリット・デメリットも解説するので、自分に合った出会い方を探してみてください。

(1)友だちに紹介してもらう

「ブライダル総研」が2018年に公表したアンケート調査では、過去2年の間に誕生したカップルのうち、約10組に1組が「紹介」から交際に発展したとのこと。友だちからの紹介は、出会いのきっかけとして一般的であることが読み取れます。

出会い方としては手っ取り早い方法に思えますが、友だちから異性を紹介してもらうにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

  • 初対面でも信頼できる
  • タイプの人や、相性が良さそうな人に出会える
  • 友だちに協力してもらえる
  • 付き合うことになったらダブルデートできる

「友だちの紹介」という出会い方は、会う前からどんな人か把握できるのがポイント。素性がわかっている分、「騙されるかも…」といった不安がなく、初対面でも信頼しやすいでしょう。

友だちに自分の好みの男性像を伝えておくことで、タイプど真ん中の人を紹介してもらえることも。あるいは、自分のことを客観的に見てくれている友だちだからこそ、趣味や性格が合う人を引き合わせてくれるかもしれません。

友だちにとっても、自分の友だち同士がカップルになるのは嬉しいこと。恋が成就するように協力してもらえたり、うまくいけば友だちカップルとデートができたり、友だちのバックアップのもとで新しい恋ができるのは大きなメリットです。

デメリット

  • 断りにくい
  • 別れてしまったら気まずい
  • 彼との関係が友だちに筒抜けになる

友だちに紹介してもらう出会い方はメリットがある一方、恋愛事情が友だちとの関係に影響を及ぼす可能性もがあります。たとえば、紹介してもらった相手が特にタイプではなかったとき、友だちに気を使って断りにくさを感じる人は多いものです。

あるいは、友だちからの紹介でめでたく付き合うことになったものの、何らかの理由で破局を迎えるとします。その結果、「せっかく紹介してもらったのに申し訳ない」と気まずさを感じ、友だちに連絡しにくくなることもあるでしょう。

また、自分にとって別れた彼はもはや関係のない人ですが、友だちにとっては友人のまま。友だちとの会話の中で彼の存在がちらつき、複雑な思いをすることもあるようです。

さらに、彼と友だちが友人関係であるということは、彼が自分との恋愛事情を友だちに話すことだって考えられます。いくら仲がいい友だちとはいえ、彼だけに見せている姿はあまり知られたくないもの。隠しておきたいことまでバレてしまうのは、紹介ならではのデメリットです。

(2)合コン・街コンに参加する

社会人の出会いの場といえば、やっぱり「合コン」ですよね。幹事の知り合い同士で集まるパターンのほか、近年は運営会社が開催する「街コン」も人気です。出会いの数が一気に高まる合コンor街コンのメリット&デメリットを確認してみましょう。

メリット

  • 一度に複数の人と出会える
  • 気軽な気持ちで参加できる

合コン・街コンの最大のメリットは、やはり「出会える人数の多さ」。一度にたくさんの人と知り合えるため、新しい恋の相手に出会いやすくなります。どちらも「恋愛目的」ではあるものの、いわば飲み会の延長線上なので、気軽に参加しやすいのもメリットですね。

デメリット

  • コミュニケーション力が求められる
  • ほかの参加者と比較される

いざ合コンや街コンに参加すれば、まわりは初対面の人だらけ。初めて話す相手ともスムーズに会話が続く程度のコミュニケーション能力は必須です。おしゃべりに自信がない場合は「聞き役」に徹してみるのも◎。相手の言葉を真似する「オウム返し」を練習するなど、合コン・街コンに備えてコミュニケーション能力を鍛えておきましょう。

また、複数人が集まるという性質から、どうしてもほかの参加者と比べられてしまう可能性が。一歩リードするためには、気遣いやモテる仕草を習得しておくのがおすすめです。

(3)婚活サイト・マッチングアプリに登録する

メリット

  • 好みの人をじっくり探せる
  • 同時進行で比較ができる
  • スマホがあればいつでも出会える
  • 会う前に相手の顔をチェックできる

スマホ一つで恋の相手を探せる婚活サイトやマッチングアプリ。長らく怪しい印象を持たれていたものの、近年では一般的な出会い方として認知され始めています。

婚活サイトやマッチングアプリのメリットは、なんといってもその柔軟さ。プロフィールを吟味して好みの人をじっくり探したり、同時進行でやりとりすることで複数人を比較できたり、今までの恋愛ではできなかったようなやり方で出会いを進められます。タイプの顔や共通の趣味など絞った条件の中で相手を見つけられるので、効率の良さも高ポイントですね。

デメリット

  • プロフィール写真と実物の顔が違う
  • サクラや業者がいる
  • 体目的の人がいる

「スマホでできる」という便利さから、婚活サイトやマッチングアプリは悪質ユーザーが集まりやすいです。本気の恋愛ではなく体目的の人もいるので、「いいな」と思ってもすぐに会うのは禁物。

ネットの拾い画を自撮りと偽ったり、怪しいサイトに誘導しようとしたりする業者なども混ざっているため、利用する際は警戒を怠らないようにしましょう。

(4)職場に意識を向ける

「出会い」というと外の環境に目を向けがちですが、実は身近な職場に出会いが転がっている可能性も。社内の男性を思い浮かべて、恋愛対象になるかならないかを考えてみてはどうでしょうか。

もちろん、生活に直結する職場での恋愛にはリスクもつきものです。社内で出会いを見つける前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

メリット

  • 仕事に理解がある
  • スケジュールを合わせやすい

職場恋愛の利点は、やはりお互いの仕事内容を知っていることです。たとえば仕事が忙しくて音信不通気味になってしまったとき、恋人と職場が違えば、忙しい理由をイチから説明しなければいけません。その点において、職場が同じなら「今は繁忙期だから」と共通の認識があり、仕事について理解してもらいやすいでしょう。

会社の忙しさや進行中のプロジェクトなどを把握できるため、お互いのスケジュールを合わせやすいのもメリットです。

デメリット

  • 喧嘩をすると職場で気まずい思いをする
  • 付き合っていることを公にできない

職場恋愛に一歩足を踏み入れると、仕事と恋愛を切り離して考えることが難しくなります。前日の喧嘩を持ち越してしまった場合、イライラしていても社内で顔を合わせなければいけないので、仕事中も気まずい雰囲気に包まれるでしょう。

または、会社によっては社員同士の恋愛を禁止しているケースも。その場合は付き合っていることを同僚に明かすことができず、気軽に相談に乗ってもらったり、のろけ話を話したりすることができなくなり、知らず知らずのうちにフラストレーションが溜まってしまう可能性があります。

(5)同窓会に参加する

学生時代に付き合っていた人や初恋の人に再会できる同窓会は、出会いの場の有力候補。久しぶりに会うことで昔の気持ちが盛り上がり、最終的には結婚にまで発展したというケースは珍しくありません。新しい恋を始めたいと思ったときに同窓会のお知らせがきたなら、積極的に参加してみるのがおすすめです。

メリット

  • 相手の素性がわかっている
  • 共通の話題が豊富

同窓会という出会い方は、「昔馴染みであること」がいちばんの強み。出身や学歴、家族構成などわかっている情報が多く、安心して恋を始められます。

さらに一緒に過ごしてきた時間が長いということは、共通の話題や知人が多いということ。付き合う前も後も話題が尽きることなく、新たに出会う人よりも良好な関係を築きやすいといえます。

デメリット

  • 友だちの元カレである可能性が高い
  • 不倫のきっかけになりやすい

人間関係の狭さに驚かされるのも同窓会での出会いの特徴です。同窓会で再会して好きになった相手が、実は友だちの元カレだったというケースも。過去の恋人の存在は素性が知れないとあまり気にならないものですが、友だちと付き合っていた事実を知っている場合は、存在がチラつくこともあるでしょう。

そして同窓会は、「昔馴染み」という居心地の良さがマイナスに働き、不倫関係が生まれやすい場所でもあります。いい感じになった相手が実は妻子持ちだった…というのはよくある話。昔から知っている相手だからといってリサーチを怠らず、恋を始める前に相手がフリーかどうかを確認しておきましょう。

(6)バーに通う

お酒をたしなむバーでの出会いは、社会人だからこそ活用したいもの。バーに行くのは少し勇気が入りますが、行ってみれば意外にも出会いの宝庫であることに気付くはず。落ち着いたバーの雰囲気に馴染むような大人な男性と出会いたいなら、一度バーへ出かけてみましょう。

メリット

  • マスターにいい人を紹介してもらえる
  • 感覚が似ている人と出会える
  • 生活圏内で出会いが見つかる

バーの常連になれば、お店のマスターが出会いを提供してくれることも。マスター自身の信用問題に関わるため、怪しい人を紹介される心配がなく、いい人が見つかりやすいといえます。

また、バーはお店によって雰囲気や価格帯がまったく異なります。同じバーに通っているということは、好きなお店の雰囲気が似ている・金銭感覚が近いということ。自宅から通いやすい距離にあるバーを選んでいる人も多いため、生活圏内で新しい恋が始められるのもメリットです。

デメリット

  • 失恋するとバーに行きにくくなる
  • お金がかかる

バーで出会った人と別れたり失恋したりすると、気まずさから同じバーに行けなくなるという声が多数。せっかく常連になった憩いの場所を失う可能性があるのは大きなデメリットです。仮に再びバーに行けたとしても、マスターや飲み友だちなど失恋の事実を知っている人が多く、同じバーで新しい恋を始めるのは難しいでしょう。

そして、バーでの出会いは無料で提供されるものではありません。出会いを求めて通い詰めれば詰めるほど出費がかさむため、バーでの出会いにのめり込みすぎないよう注意が必要です。

(7)英会話などの習い事を始める

出会い方として意外と盲点なのが「習い事」。習い事は、趣味を楽しみながら価値観が似た人に出会える、まさに一石二鳥な出会いの場なんです。合コンやマッチングアプリの出会いに少し疲れているなら、自分磨きもできる習い事に通って、ゆっくりと恋を探してみましょう。

メリット

  • 共通の趣味がある
  • 約束しなくても定期的に会える
  • 恋をしながらスキルアップができる

習い事は同じ趣味を持った人たちが集まる場です。出会った時点で共通点があるため、初対面でも打ち解けやすく、さらに付き合った後もカップルで同じ趣味を楽しめます。

街コンでも趣味が限定された企画などはありますが、「一度きりではなく定期的に会える」のが習い事の強み。時間が制限された街コンとは違って、習い事なら通うたびに自然と仲良くなれるでしょう。

さらに習い事は、メリットが恋愛面だけではないところも大きなポイント。たとえば、合コンがうまくいかなかったときに得られるものは少ないですが、習い事なら自分のスキルは確実に向上していきます。「英語を話せるようになりたい」「料理に興味がある」など自分の趣味をリストアップしてみて、気になる習い事を始めてみましょう。

デメリット

  • 人間関係に悩まされることがある

新しく習い事を始めるとき、すでに教室内のコミュニティが出来上がっていることも。水面下で派閥ができていたりすると、新しい恋を始めるどころか人間関係に疲れてしまうこともあるでしょう。

あるいは、せっかく恋のチャンスを見つけたとしても、「〇〇さんは△△さんが好きらしい」と知らないところで噂されるケースもあります。噂によって気になる相手と気まずくなってしまわないよう、「教室を出てから話しかける」「誰とでもフラットに接する」といったことを心がけるのがおすすめです。

出会いのチャンスを見逃さず、新しい恋を始めよう!

さて、今回は出会い方に悩む女性に向けて、7パターンの出会い方や恋を始めるためのステップなど、「新しい恋」にまつわるあれこれをご紹介しました。恋がしたくなるきっかけは人それぞれ。「新しい恋がしたいな」と思ったら、自分に素直になって出会いのチャンスを探してみてはいかがでしょうか。

何かの理由があって恋に踏み出せないなら、まずはその問題を根本から解決することが大切です。恋に対して真っ直ぐに向き合うことができた後は、紹介やマッチングアプリ、習い事など、自分に合った出会い方で新しい恋を始めましょう。

-出会いが欲しい

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.