新着記事

with マッチングアプリ

withの支払い方法まとめ!クレジットカード・口座振り込み等は?

マッチングアプリ「with」の支払い方法は、クレジット払いを含め3種類です。それぞれの支払い方法に、メリットとデメリットがあります。

「withを安く利用したい」「家族や恋人にバレないようにしたい」「そもそもどれを選べばよいかわからない」など、withの支払い方法に悩む方に向けて詳細をご紹介します。気になるクレジットカード明細の請求名についてもリサーチしてみました。

withの支払い方法は3種類!口座振り込みはナシ

メンタリストDaigo監修の相性診断で、内面重視のマッチングが目指せるwith。マッチングして出会いにつながった、付き合えたという口コミも多いので、「早く会員になって恋活したい」と考える男性も多いでしょう。

そんなwithの支払い方法は、クレジット払い、AppleID決済、GooglePlay決済の3種類のみ。口座振り込みやコンビニ払い、電子マネーでの支払い方法は用意されていないため、3種類のどれかで支払いすることになります。

withは支払い方法によって料金が変わるので、どの決済方法を選ぶかは慎重に検討するのがおすすめです。

クレジットカード決済 AppleID決済 GooglePlay決済
1カ月プラン 3,600円 4,200円 4,200円
3カ月プラン 2,667円(一括 8,000円) 3,267円(一括 9,800円) 3,067円(一括 9,200円)
6カ月プラン 2,350円(一括14,100円) 2,967円(一括 17,800円) 2,867円(一括 17,200円)
12カ月プラン 1,833円(一括22,000円) 2,233円(一括 26,800円) 2,042円(一括 24,500円)
1週間プラン 1,400円 1,600円
VIPオプション 2,900円 3,500円 3,500円

withを最安で利用するなら!クレジット払いがおすすめ

withをできるだけ安く利用したい男性には、クレジット払いがおすすめです。ここでは、クレジットカードを使った支払い方法のメリット、デメリットについて詳しくご紹介していきます。

クレジット払いのメリット

withをクレジット払いにするメリットは、なんといっても最安で利用できることです。手数料が上乗せされてしまうAppleID決済やGooglePlay決済に比べて、月々600円ほど安く恋活・婚活することができます。

また、利用するクレジットカード会社によっては、withの利用料金がポイントとして還元されます。お買い物時に現金として使ったり、商品交換できたりするので、実質的にはwithをさらに安く利用できるといえるでしょう。

withをスムーズに退会できるのも、クレジット払いのメリットです。AppleID決済やGooglePlay決済の場合は、有料プランを解約して期限更新日を待ち、ステータスが無料会員に移行されてからしか退会手続きができません。

クレジット払いなら、即日で解約と退会が可能です。withをやめたくなったら、その日のうちにキレイさっぱりとサヨナラできるのはクレジット払いのみとなります。

さらに、クレジット払いにはwithポイントを追加購入した際に、有効期限がナシとなるメリットもあります。

クレジット払いのメリットまとめ

・月々600円ほど安くなる
・クレジットカードのポイントが付与される
・解約と退会手続きが同時にできる
・withポイントの有効期限がない

クレジット払いのデメリット

withの料金をクレジット払いにした場合、デメリットもあります。ひとつめは、クレジットカードの明細書に「with」の請求名で印字されてしまうことです。家族や恋人に明細書を見られてしまった場合、マッチングアプリの使用がバレてしまう恐れがあります。

ココに注意

・VisaかMasterで支払い 請求名は「with」
・JCB          請求名はクレジット申込み画面で確認

「TELECOM」「ET」「ETCS」「TC」「TEC」「TCOM」などになる

少し前まではwithをクレジット払いにした場合、請求名が「ib(アイビー)」と印字され、マッチングアプリを利用しているとはわからないようになっていました。しかし、現在では「with」で請求されてしまうため、要注意です。

withの料金をクレジットカードで支払いするなら、請求名が別になるJCBを使うか、本人名義のものを使い、さらにweb明細に切り替えておくのがおすすめです。

クレジット払いはどんな人におすすめ?

・withを最安で利用したい人
・家族や恋人にバレたくない場合、JCBやweb明細など対処できる人

クレジット払いのやり方

クレジット払いは、WEB版のwithにログインしてから申し込みます。本人確認は、先に済ませておきましょう。

クレジット払いの手順

①マイページの「会員ステータス」をタップ
②「有料会員になる」をタップ
③希望するプランを選択
④「申し込む」をタップ
⑤クレジットカード情報を入力
⑥「決済開始」をタップで完了

有料プランは解約しない限り、自動更新となります。退会したい場合は、更新予定日の数日前には解約しておくことがおすすめです。

iphoneユーザーなら!AppleID決済が便利

ios版のwithを利用しているiphoneユーザーなら、アイフォンから手続きができるAppleID決済がおすすめです。AppleIDで登録している決済方法が適用されます。クレジットカード、キャリア決済、iTunesカードの3種類で支払えます。

AppleID決済のメリット

withの利用料金をAppleIDで支払いするメリットは、クレジットカードがなくても利用できることです。クレジットカードを持っていない学生さんやフリーター、クレジットカードを使いたくない社会人の方に便利です。AppleIDの支払い方法は、以下になります。

・クレジットカード/デビットカード
・キャリア決済
・iTunesカード

家族や恋人にクレジットカード明細を見られたくないなら、iTunesカードでの支払いで対策できます。他にもキャリア決済でポイント還元を狙いたいなど、目的によってご自身にピッタリな支払い方法が選べます。

また、AppleID決済でwithポイントを購入した場合は、有効期限がナシになるメリットもあります。クレカ払いやGooglePlay決済だと、有効期限は180日です。12カ月プランを利用して、ポイント課金もする予定ならAppleID決済が便利です。

AppleID決済のメリットまとめ

・クレカなしでwithが利用できる
・家族や恋人にバレるのを防げる
・withポイントの有効期限がない

AppleID決済のデメリット

クレジット払いに比べて、手数料が上乗せされて高くなってしまうことがAppleID決済の最大のデメリットです。月々で5~600円ほども金額差があります。日頃から節約を心がけている人にとっては、差額が気になってしまうかもしれません。

退会時の手続きも、少しだけですが手間がかかります。有料プランの解約後に期限更新予定日を待ち、ステータスが無料会員に切り替わってからしか退会手続きができません。

AppleID決済はどんな人におすすめ?

・クレカ決済したくないiPhoneユーザー
・家族や恋人にバレたくない人

AppleID決済のやり方

AppleID決済は、ios版のwithにログインしてから申し込みます。本人確認は済ませておきましょう。

AppleID決済の手順

①マイページの「会員ステータス」をタップ
②「有料会員登録する」をタップ
③希望するプランを選択
④Touch IDで承認して完了

有料プランは解約しない限り、自動更新となります。また、解約する場合は有料プランとVIPオプションの両方が解約できたか、しっかりと確認しておくようにしましょう。

Androidユーザーなら!GooglePlay決済が使える

Android版のwithを利用しているAndroidユーザーならGooglePlay決済で料金支払いができます。GooglePlayで登録している決済方法が適用されます。クレジットカード、キャリア決済、GooglePlayカードの3種類で支払えます。

GooglePlay決済のメリット

withの利用料金をGooglePlayで支払いするメリットは、AppleID決済と同様でクレジットカードがなくても利用できることです。クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードを使いたくない方に便利です。

GooglePlayの支払い方法は、以下になります。

・クレジットカード/デビットカード
・キャリア決済
・GooglePlayカード

とくにおすすめするのは、GooglePlayカードでの支払いです。キャッシュバックなどのキャンペーン時にGooglePlayカードを購入しておけば、お得にwithを利用することができます。

また、家族や恋人にマッチングアプリを使用していることを隠せます。キャリア決済でポイント還元を狙うのもよいでしょう。

GooglePlay決済のメリットまとめ

・クレカなしでwithが利用できる
・自分に合った支払い方法が選べる

GooglePlay決済のデメリット

AppleID決済と同様で、クレジット払いに比べて料金が高くなってしまうことです。withでの恋活や婚活が長引くと、クレジット払いとの差額はますます開いていってしまうでしょう。

また、解約と退会が同時にできないのもデメリットです。解約手続きの後、定期購入の期限更新日を待ち、ステータスが無料会員に切り替わったのを確認しないと退会手続きができません。

GooglePlay決済はどんな人におすすめ?

・クレカ決済したくないAndroidユーザー
・家族や恋人にバレたくない人

GooglePlay決済のやり方

GooglePlay決済は、Android版のwithにログインしてから申し込みます。本人確認は済ませておきましょう。

GooglePlay決済の手順

①マイページの「会員ステータス」をタップ
②「有料会員登録する」をタップ
③希望するプランを選択
④GooglePlayで支払い方法を選択して完了

有料プランの支払いは解約しない限り、自動更新となります。意図しない更新にならないように、更新予定日はしっかりと確認しておきましょう。

withでクレジットカード決済ができない理由4選

withでクレジット払いを選んだものの、なぜか決済できないという場合もあるでしょう。そんなときは、以下のクレジットカード決済ができない理由をチェックしてみてください。

入力ミス

withでクレジットカード決済ができないひとつめの理由は入力ミスです。クレジットカード番号や名前など、入力間違いがないか確認してみましょう。疲れているときや急いでいるときなどは、意外と入力間違いをしてしまうものです。

有効期限切れ

withでクレジットカード決済ができない場合、有効期限切れも考えられます。西暦や月を確認してみましょう。とくに、お引っ越しをした方で住所変更手続きをしていないと、更新カードは旧住所に届いてクレジット会社に返送されてしまいます。

使えないブランドになっている

withのクレジット払いに使えるブランドは、VISA・MasterCard・JCBの3種類のみです。該当しないブランドのクレジットカードしか持っていない方は、他のクレカに申し込むか、AppleID決済かGooglePlay決済を選びましょう。

利用限度額をオーバーしている

withでクレジット払いを選択していたのに、決済されないこともあります。そんなときは、利用限度額がオーバーしていないかどうか確認してみましょう。家賃、光熱費、買い物などクレジット払いにしていると、お金を使いすぎた月は限度額をオーバーしてしまいやすいです。

withで支払い方法を変更したい場合のやり方

withを利用している途中で、支払い方法を変更したいと思うこともあるでしょう。ここでは、withで支払い方法を変更するときの手順を解説します。

クレジット払いの支払い変更方法

クレジット払いを選択した会員が、クレジットカードの変更を行う手順をご紹介します。

クレジットカード変更の手順

①「会員ステータス」をタップ
②「クレジットカードを変更する」をタップ
③「申し込む」を選択して完了

AppleID決済の支払い変更方法

AppleID決済の会員が、支払い方法を変更する手順をご紹介します。

AppleID決済の支払い方法を変更する手順

①iPhoneの設定をタップ
②支払いと配送先をタップ
③AppleIDのパスワードを入力する
④「お支払い方法の追加」で希望の支払い方法に変更する

GooglePlay決済の支払い変更方法

GooglePlay決済の会員が支払い方法を変更する場合、手順は以下になります。

GooglePlay決済の支払い方法を変更する手順

①GooglePlayストアで「お支払い方法」を選択
②「お支払い方法の追加」画面が表示される
③変更したい支払い方法を選択して完了

withの支払いは目的に応じて選ぼう!

マッチングアプリ「with」の支払い方法は全部で3種類です。最安でwithを利用するならクレジット払いがベストでしょう。

クレカを持っていない、家族や恋人にバレたくないなら、割高になってしまいますがAppleID決済、GooglePlay決済を検討するのがおすすめです。目的に応じて支払い方法を選び、上手に恋活や婚活をしていきましょう。

-with, マッチングアプリ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.