新着記事

彼氏が欲しい

彼氏が欲しい教師が取るべき彼氏を作るための行動とは?

教師は出会いが少ないと言われる職業のひとつ。職場で接する相手が同業者と生徒だけになるため、どうしても恋愛対象となる人を見つけにくいのが現実です。それでは、彼氏が欲しいと感じる女性教師は、どんな行動を取ればいいのでしょうか?今回は教師が彼氏を作るための方法をご紹介します。

教師は未婚の人が多い?

彼氏が欲しいときに取るべき行動を見る前に、まずは教師の恋愛事情について確認していきましょう。

教師の未婚率

2012年に実施された総務省の「就業構造基本調査」によると、教員の未婚率は以下の通りです。

性別 教員の未婚率
男性教員 7.3%
女性教員 16.1%

男性教員の未婚率7.3%に対し、女性教員はその2倍以上の16.1%という結果に。特に女性にとって、教師は出会いが少ない職業であることがデータからも読み取れます。

ただし、エンジニア・プログラマーの未婚率は男性17.3%、女性50.4%です。また、医師の未婚率は男性2.8%、女性35.9%となっており、いずれも女性教員の未婚率より高い結果となっています。女性教員の未婚率は同業の男性よりも高いものの、全体として見ると著しく高いわけではないようです。

教師に恋人ができにくいのはなぜ?

マイナビウーマンが実施したアンケート調査では、「結婚したい女性の職業」の第3位に「公務員」がランクインしています。公務員である公立の教師は男女間の収入格差がほとんどなく、30代では年収が500万円台に。出産後も復帰しやすい職種であり、収入や福利厚生が安定していることから、未婚男性からの人気が高いようです。

このようなランキングの上位に入っているのにもかかわらず、女性教師にとって彼氏を作るのが難しいのはなぜなのでしょうか?考えられる理由をいくつかピックアップしたので、自身の状況と照らし合わせて当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

1.出会いのチャンスが少ない

女性教師に彼氏ができにくい理由として、やはり出会いの少なさは大きな要因のひとつ。職場で男性教師と知り合うことはできますが、未婚率の違いからもわかる通り、男性教師の多くは既婚者であるケースが多いと考えられます。

男性教師を除くと、職場で出会える異性は生徒や保護者となってしまい、恋愛対象として見ることは難しいでしょう。毎日長い時間を過ごす職場で新たな出会いを見つけられないことは、彼氏が欲しい教師にとって大きなデメリットとなります。

2.職場の男女比に偏りがある

学校によっては教師の男女比に偏りが生じることがあり、その点も女性教師の恋人探しを阻む要因だと言えます。例えば、小学校では母性が必要とされることから女性教師が採用されやすい傾向があります。また、中学校や高校では体が大きな生徒を相手にすることがあるため、男性教師が多くなりやすいとされています。

ただでさえ教師は職場で出会いを見つけるのが難しいため、勤務する学校が女性の多い職場ならば、異性と出会うチャンスはさらに少なくなってしまうでしょう。

3.多忙で時間的な余裕がない

一般的なイメージとして、教師は多忙な職業だとされています。実際に、平成28年の文部科学省の「教員勤務実態調査」によると、週60時間以上の勤務をしている教師の割合は小学校教員33.5%、中学校教員57.7%という結果でした。週60時間以上の勤務ということは、1週間に20時間以上の残業をしている教師が多いということです。

日々の授業の準備はもちろんですが、試験期間や受験シーズン、生活指導など多忙の原因はさまざま。また、部活動の顧問をしている場合だと、土日も休日返上で学校に行かなければならないこともあります。

恋愛をするための時間的な余裕がないことに加え、せっかく時間が取れたとしても、毎日の忙しさから恋愛をする力が残っていない……ということもあるでしょう。教師という職業ならではの忙しさは、教師が彼氏を作りにくい理由に大きく作用していると言えます。

4.年収が安定していてお金の面で焦ることがない

先に述べた通り、同年代の女性と比べると教師の収入は安定します。経済的な理由から「彼氏を作って早く結婚したい」と考えるケースもありますが、教師の場合は年収に不安がないため、金銭面で男性に頼る必要がありません。

経済的にしっかりと自立していることから、「彼氏を作らなきゃ」といった焦りが生まれにくく、自ずと恋愛の優先順位が下がっていくとも考えられます。

5.異動が多い

公立学校に勤務している教師の場合、管轄の県や市町村内での異動が多くなります。職場が変わる度に生活圏内や生活リズムも変わり、慣れた頃には新しい環境へと移らなければいけません。結果として、新たな土地で新しい関係を構築するのが難しく、恋愛へと発展しないケースも多いようです。

一方、私立学校に勤務する教師の場合は異動がありませんが、生活がマンネリ状態になりやすいというデメリットがあります。毎日が家と職場の往復になってしまうと、新たな出会いに結びつきにくくなるでしょう。

6.相手を子ども扱いしてしまう

異性と接するとき、毎日生徒に囲まれるという職業柄、無意識のうちに相手を子ども扱いしてしまっていませんか?例えば、相手の食事マナーを注意する、遅刻について厳しく説教をする……など。注意を受けて気分が良くなる人はいないので、そういったことを繰り返していると彼氏候補の異性が離れていってしまうかもしれません。

教師として見逃せない言動であっても、恋愛の場面においては封印しておくのが無難。教師の姿とプライベートの姿をきちんと切り離し、決して子ども扱いをしないように気をつけましょう。

教師が彼氏を作るためにすべきこと

ここまで、教師の未婚率や彼氏ができにくい理由を見てきましたが、自身に思い当たるものはありましたか?原因がわかれば、次は対処方法を考えるタイミング。彼氏を作るために取るべき行動をチェックし、できるものから取り入れてみるのがおすすめです。

職場の男性を見直す

男性教師の既婚率が高いと紹介しましたが、実はもうひとつの側面として、教師は同じ職場で恋人を見つけるケースが多い傾向にあります。激務をこなす教師が誰かとお付き合いをするなら、やはり自分の仕事の忙しさを理解してもらいたいもの。その点において、同業の男性教師は仕事に対する理解があり、お互いを支え合えるというメリットがあります。

また、職場以外の異性と出会うチャンスが少ない教師にとって、毎日顔を合わせる男性教師と恋が始まるのは自然な流れでしょう。共通の話題があるので話が弾みやすく、簡単に距離を縮められるのも大きなポイントです。

彼氏が欲しいと思ったときは、「職場は既婚の人が多いから……」と諦めるのではなく、未婚の男性教師を見直してみましょう。例えば教科が違って接点がなかった男性教師も、話してみると意外と相性がいいかもしれません。

出会いの場に出かけてみる

どうしても職場の男性教師との恋に期待ができないなら、思い切って出会いの場に出かけてみるのがおすすめです。友人に異性を紹介してもらったり、合コンに参加したりと出会いのチャンスを増やしましょう。

そのときに気をつけたいのが、勤務する学校の近くでは出会いを探さないこと。生徒や保護者の生活圏内で異性と会ったりすると、すぐに噂が立って居心地の悪い思いをすることになりかねません。教師が出会いの場に出かけるなら、職場での立場を守れるような工夫を心がけることが大切です。

恋活パーティーに参加する

結婚相手を探す「婚活パーティー」は構えてしまうかもしれませんが、恋人作りが目的の「恋活パーティー」ならもっと気軽に参加できます。一度に多くの異性と出会えるため、合コンよりも効率がいいのが嬉しいポイント。

年齢に制限が設けられたものや、同じ趣味を持つ人同士で集まるものなど、恋活パーティーごとに特色が異なるのも特徴です。「年上彼氏が欲しい」「趣味を一緒に楽しめる彼氏が欲しい」といった自身の希望にマッチするパーティーへ出かけてみましょう。

相席居酒屋に行く

教師という閉鎖的になりやすい環境を打破したいなら、「相席居酒屋」に行ってみるのが効果的。相席居酒屋では、見ず知らずの男性グループと女性グループの交流をお店側がセッティングしてくれます。

一度に話す相手が少人数なので、恋活パーティーなど大人数の集まりが苦手な人にもぴったり。「恋を始める一歩として出会いの数を増やしたい」「職場以外の人と交流を持ちたい」など、まずは気楽な気持ちで行ってみるのがおすすめです。ただし、気軽な飲み会の延長線上という性質から、一夜限りの相手に終わってしまう可能性が高い点には注意しましょう。

マッチングアプリを利用する

毎日の仕事が忙しくて出会いの場に出かける余裕がない……という人には「マッチングアプリ」がおすすめです。マッチングアプリを利用すれば、異性との出会いからメッセージのやりとり、デートの約束までがアプリだけで完結。地域や職業、年齢、趣味など詳しい条件で絞り込むことができるので、効率よく出会いのきっかけを掴むことができますよ。

結婚を見据えた恋人作りを考えているなら婚活に特化したアプリを、まずは気軽な出会いから始めたいなら恋活系のアプリを利用してみましょう。

教師が彼氏を作るなら、出会いが少ない環境を改善するのがカギ!

教師の恋愛事情について、未婚率から彼氏ができにくい原因、彼氏を作るための方法までをご紹介しました。彼氏が欲しいと思ったなら、まずは職場の男性に目を向けてみるのがおすすめです。それでも恋愛に発展させるのが難しい場合は、職場の外で出会いのチャンスを増やしましょう。

しっかりしている印象があり、収入面でも自立している女性教師は、男性から好感度を持たれやすい職業です。恋活パーティーやマッチングアプリといったサービスを活用しながら、出会いの少なさというハンデを克服して理想の相手を見つけてくださいね。

-彼氏が欲しい

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.