新着記事

彼氏が欲しい

年下の彼氏が欲しい!年下男性を狙い打ちするための戦略とは?

エネルギッシュで、可愛らしさがあって、でも頼れる一面もあって……年上女性から見ると、年下男性には年上や同い年の男性にはない魅力がたくさん。今回は年下彼氏を見つける方法や付き合うメリット、彼を落とすためのテクニックなどをご紹介します!

「年下彼氏」の人気が上昇中!

近ごろは年下男性に興味を持つ女性が急増中。年下彼氏と付き合うメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

年下彼氏の魅力って?

(1)若返り効果がある

年下の男性と付き合うと、彼と同年代の女性に負けないように外見を磨きたくなるものです。また、年齢差があると話題にも違いが生じますが、彼の若い感性にふれることで自分自身の感覚も若くなるでしょう。年下の彼氏に釣り合うための努力を続けることによって、身も心も若々しくいられる効果があるのです。

(2)理想の彼氏に育てられる

自分が主導権を握れることも年下彼氏のいいところです。自分からぐいぐいリードできるので、恋愛を有利に進めやすくなるかもしれません。また、年下男性の多くは発展途中の段階なので、自分好みに育てられるのも大きなメリットですね。年上ならではの恋愛経験を生かし、理想の彼氏に教育していくことができるでしょう。

(3)母性本能をくすぐられる

年下彼氏が人気の理由として、「とにかく可愛い」という意見が圧倒的。最近は「あざと可愛い」というジャンルがありますが、年下男性はまさにその代表格です。男性が甘える姿や可愛らしい一面を自然に見られるのは、年下彼氏ならではのメリット。あらゆる場面で母性本能をくすぐられ、年下男性の魅力に落ちてしまう年上女性も多いんです。

(4)違う年代の考え方を知れる

年下彼氏はその年代ならではの考え方を持っています。そのため、年下彼氏に悩みを打ち明けたとすると、思いもしなかったアドバイスを得られることがあるでしょう。自分とは違う年代の率直な意見を聞くことができるのも、年下彼氏の大きなメリットといえますね。

年下彼氏とのお付き合い、デメリットはある?

魅力がたくさんの年下彼氏ですが、デメリットがないわけではありません。年下彼氏と付き合う前に知っておきたい注意点をまとめます。

お金の話がしづらい

年功序列の企業がまだまだ多い日本社会では、年収が年齢に比例していることも少なくありません。特に近ごろは女性の社会進出がめざましいため、年下男性よりも稼ぎが多いケースもあるでしょう。

相手と比べて自分の収入の方が高いと、お金の話をするときには少々の気まずさを伴います。カップルとして付き合っていく上で金銭面の話題は避けられないため、お金の話がしづらいことをデメリットに挙げる女性は多いです。

また、収入差が頭から離れず、ついつい年上女性ばかりがデートの支払いを負担してしまうことも。これでは、「気付けば相手の財布になっていた……」という未来が訪れても不思議ではありません。支払いのルールを決める、デート費用に上限額を設けるなど、愛情とお金は切り離して考えるようにしましょう。

結婚前提のお付き合いは難しい

年齢が近いカップルでさえ、結婚を考えるタイミングにはすれ違いが生じやすいもの。年齢差のある年上彼女×年下彼氏の場合は、特に結婚に対する足並みがそろわない可能性が高いです。年齢を考えて早く結婚したい年上女性と、仕事と遊びに集中したい年下男性の間で衝突が起こるかもしれません。

付き合うまでがゴールと考えるのであればそれでも構いませんが、結婚前提の交際がしたいなら要注意。結婚の意思をあらかじめ伝えておき、年下男性の結婚観も判断材料の一つにしてお付き合いするかを決めてもいいでしょう。

年下男性がハマる年上女性はこんな人!

年下彼氏を探す前に気になるのが、「年上女性は恋愛対象になるかどうか」ではないでしょうか?意外にも男性のストライクゾーンは幅広く、「好きになったら年齢は関係ない」という男性は多いもの。つまり年齢を気にするよりも、年下男性が魅力を感じるような女性になることが大切です。ここでは、年下男性がハマる年上の女性の特徴をまとめてみました。

(1)包容力があって優しい

年上女性が持つ包容力や優しさは、年下男性にとって大きな魅力です。さまざまな経験をしてきたからこそ、年上女性は年下男性のすべてを受け入れ、弱い部分を理解してあげることができます。反対に若い年代の女性は、束縛が激しかったり、求めるばかりになってしまったり、恋人としてはまだまだ未熟なことも。同年代や年下女性との付き合いに疲れ、年上女性を恋愛対象に見る男性も多いです。

(2)自立していて家庭的

恋愛をする上では、相手を尊敬できるかどうかが大切なポイント。その点において、仕事を頑張っていて自立している年上女性は魅力的に映るものです。自分自身で生きていけるほどの生活力と、家事スキルがあり家庭的な一面を持つ年上女性は、多くの年下男性が夢中になることでしょう。

(3)守りたくなるようなギャップがある

年齢を問わず、男性は女性のギャップに弱いです。たとえば年下男性が、いつもは頼りになる年上女性の弱い部分や甘える場面を目にしたとします。年上女性の強さと弱さ、かっこよさと可愛らしさにギャップを感じ、「自分が守ってあげたい!」という気持ちになる年下男性は多いでしょう。

(4)一緒にいると安心感がある

誰だって恋人との時間はリラックスして過ごしたいですよね。一緒にいると楽しい相手でも、ささいなことで不機嫌になってしまうようでは、安心感のある関係は築けないでしょう。

気分の浮き沈みをコントロールするためには、精神面が成熟していて、相手を思いやったり尊重したりできることが大前提。その点において、年上女性はこれまでにさまざまな人と関わり、コミュニケーションの経験値を積んできています。気分に左右されることが少ないため、安定を求める年下男性から人気があるのです。

年下彼氏と付き合いたい!狙い撃ちできる出会いスポットは?

年下男性にとって年上女性は十分に恋愛対象の範囲内ですが、出会いがなければ恋が始まることはありません。年下彼氏と付き合うために、年下男性を効率よく探せる出会いスポットをチェックしておきましょう。

(1)職場

年下彼氏が欲しいと思ったら、まずは職場の年下男性を見直してみるのがおすすめです。ミーティングや新人教育、社内セミナーなど、年下男性と接触できる機会は意外と多いはず。これまでは関わりがなかった年下男性も、一度話してみれば気が合うかもしれません。社内のイベントなどに積極的に参加し、年下男性と知り合う機会を増やしてみるのもいいでしょう。

(2)合コン・友達の紹介

年下男性と出会うためには、友達に年下男性を紹介してもらったり、合コンを開いてもらったりする方法もあります。共通の友人がいる場合、素性がわかっている男性ばかりなので、怪しい人に当たりにくいのもメリット。できれば年上OKの年下男性を集めてもらうと、効率よく恋愛に発展させることができますよ。

(3)マッチングアプリ

famicoが100人を対象に行った「年下彼氏の作り方や出会い方アンケート」では、年下彼氏との出会いはマッチングアプリ・SNSが1位という結果に。手軽さが魅力のマッチングアプリでは相手の条件を絞り込んで検索できるので、年下男性を効率よく見つけられます。

マッチングアプリによっては、「年下好き」といったタグやグループに入ることで年下男性にアピールできることも。年上好きの年下男性も多く利用しているので、アプリを使う前に比べてアプローチされる機会がぐっと増えますよ。

マッチングアプリを選ぶときは、なるべく若い層が多いものを選ぶのがおすすめ。会員数が国内最大級の「ペアーズ」や、年齢層が若めの「with」をチェックしてみるといいでしょう。

(4)街コン

さまざまな人が集まる街コンは、職場の男性が少ない・友達に紹介してもらえない人にとって貴重な出会いスポットの一つ。趣味や年齢を限定して開催されているものが多く、「年下彼氏×年上彼女」といったカテゴリーもありますよ。確実に年下男性とだけ出会いたい人は、年齢や年の差が制限された街コンに参加してみるのが一番の近道です。

年下彼氏を作るなら。年下男性を落とすテクニック5選

年下彼氏をゲットするためには、出会ってからどう行動するかが運命の分かれ道です。年下男性を落とす必殺テクニックを習得し、大切な出会いを逃さないようにしましょう。

(1)「年下好き」とアピールする

年下彼氏を作るための第一歩は、「年下好き」を隠さずオープンにすることです。年上女性に興味があったとしても、年齢差を気にしてアプローチを遠慮してしまう年下男性は多いもの。出会った時点で「年下好き」と公言していれば、年下男性もアタックしやすくなるはずです。「自分は年齢を気にしない」という意味を込めて、あだ名で呼んでもらったり、敬語を崩してもらったりするのも効果的ですよ。

(2)自分からアプローチしてみる

男性に口説いてもらいたいのが女性の本音ですが、年下男性を狙い撃ちしたいならその理想は一旦置いておきましょう。普段は肉食系の年下男性であっても、年上女性を相手にした途端に草食系になってしまうことは十分ありえます。

気になる年下男性がいたら、相手からのアプローチを待つのではなく、自ら付き合うきっかけを作り出してみてください。こちらから仕掛けることで年下男性側もアピールしやすくなり、一気に恋愛へ発展させることができるでしょう。

(3)相談や悩みを親身になって聞く

年上好きの年下男性のほとんどは、経験豊富な女性にリードされたい願望を持っているもの。年下男性に悩みを打ち明けられたら、年上ならではの知識を生かして真剣に相談に乗りましょう。頼り甲斐があり、親身になって話を聞いてくれる姿に心を奪われる年下男性は多いです。

このときに気をつけたいのが、年下男性のプライドを傷つけないようにすること。「それはダメだよ」と否定したり、自分の意見を押し付けたりせず、年下男性の気持ちをきちんと尊重しましょう。

(4)弱い部分を見せる・甘えてみる

普段は強気な年上女性の弱っている姿にドキッとしない男性はいません。時にはギャップを狙って隙を見せ、年下男性に「守ってあげたい」と思わせることが大切です。

「人生の先輩」というイメージを破りたいときは、思い切って甘えてみるのも効果的。女性らしさをアピールすることで年下男性の意識が変わり、先輩ではなく恋愛対象として見てもらえるようになりますよ。

(5)相手を立てることを忘れない

年齢が上だからといって、男女間の立場に差ができるわけではありません。年下男性と接するときは、自分が上位になるのではなく相手を立ててあげましょう。同様に、年下男性の可愛い部分を見たときでも、相手を子ども扱いするのはNGです。

年下男性に好意を持ってもらうためには、相手を一人の男性とみなし、心地よい空気を作ることが大切。そうすることで年下男性の自尊心が満たされ、「離したくなくなる女性」と思ってもらえるでしょう。

年齢差をプラスに変えて素敵な年下彼氏を作ろう!

年下男性が気になり始めたとき、「自分は年上だから……」と遠慮する必要はありません。包容力があり、経験豊富な年上女性に魅力を感じる年下男性は多くいます。年齢差があるからこその違いをプラスに変えて、可愛い年下彼氏を見つけてくださいね。

-彼氏が欲しい

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.